女性用商品・サプリメント

【知らないと損】ルグゼバイブの効果なし!を徹底解説

ルグゼバイブの効果なしには、大事なポイントがあった?!

これから「ルグゼバイブ(Luxevive)を飲みはじめてみようかなぁ」と考えてる方に、役立つ情報をまとめて届けます。

サプリメントは…

「副作用も少ないけど、結局 効果もない」

というイメージを持っていませんか?

 

一般的にサプリメントとして販売されているものは「科学的データ」として「有効性」が認められていないため、

「効果がない…」

と言われることが多いのですが「全く効かない」というデータもありません。

 

キヨミル
つまり 現時点の科学では、サプリメントの効果の「ある」「なし」をはっきり答えられる人は、専門家を含めてだれもいないと言うことになります。

 

さらに「個人差がある」ということも可能性としてはありえると言われているので、効果に期待して飲み続けることが「全くの無意味」と考えるのは、少し違うのかなぁと私は思っています。

 

もちろん「医薬品」のような 効果(作用)は認められていませんが、女性の薄毛の原因は「多岐にわたる」と言われているので、

いろいろなアプローチの仕方をした方が、改善につながる可能性も高いワケです。

現にクリニックでも「ミノキシジル外用剤」と「育毛サプリメント」を併用して治療していくケースも多くありますよね。

 

ちなみに、ルグゼバイブと比較されやすい

「パントガール」

クリニックで販売されている事もあり「医薬品」だと思っている方も多いみたいですが、

 

キヨミル
パントガールも、サプリメントです。

 

試験を行っていたり、製薬会社が作っている という事実はありますが、だからと言って医薬品の扱いにはなりません。

その辺りも記事の中で紹介していけたらと思います。

 

ということで、今回は「フォリックス ルグゼバイブ」についてまとめてみたので、参考までに読んでみてくださいね。

  • 髪のボリュームが気になる方
  • 毛髪が細くて気になる方
  • 白髪が気になる方

など、とくにホルモンバランスが崩れやすい方は「馬プラセンタ」がたっぷりと使用されているルグゼバイブが役立つかと思います。

副作用の心配もなく、美容にも嬉しい効果も期待できるのでぜひ、育毛サポートに役立ててみてください。

 

なお、ルグゼバイブは、アメリカ製の商品のため「市販」での販売はありません。

通販では「amazon」「楽天」などでも委託としての販売はありましたが、

多くの方は「オオサカ堂」のような個人輸入代行サイトから注文しています。

オオサカ堂は、最安値、送料無料、高ポイント還元、に加え、たくさんのレビュー(300件以上)が読めるので参考になります。

また「パントガール」の口コミも一緒に読めるので、比較がしやすいという点も良いですよね。

価格や販売サイトなど「通販について」の詳しい内容も、記事後半にまとめてありますので、参考にしてみてください。

 

\ 300件以上の口コミ /

ルグゼバイブの購入はこちら

 

この記事の目次

ルグゼバイブの「効果」を徹底解説

ルグゼバイブの効果は7種類の厳選成分にあり近年薄毛の悩みは男性だけでなく「女性」にも急増しています。

その主な原因は、

  • 「ストレス」
  • 「過度のダイエット」
  • 「栄養の偏り」

など、とも言われています。

髪に必要な栄養が上手に運ばれず、髪の毛の力がなくなってしまったり、ホルモンバランスが崩れやすいため「頭皮環境」にも、影響が出てしまうことがあるそうです。

 

キヨミル
ちなみに「女性の薄毛(脱毛症)」の原因は、はっきりとはわかっておらず、様々な要因が重なって症状に現れるとされています。

 

そこで髪に必要とされる「7種の栄養素」をギュッと使用した

フォリックス「ルグゼバイブ」

に、効果を期待する女性がたくさんいます。

 

「効果がない?!」実は大事なポイントを見落としている可能性も

ルグゼバイブは、多くの「育毛成分」や「美容成分」を含む優れたサプリメントですが「全ての脱毛症」に適しているわけではありません。

薄毛の中でも、得意、不得意、があるようです。

女性の薄毛の多くは、髪の栄養が足りない「栄養不足」が原因で、髪「全体」が薄くなってしまうケースが多いとされています。

 

キヨミル
主に「びまん性脱毛症」と言います。

 

びまん性脱毛症にも

  • 「休止期脱毛症」
  • 「FAGA(女性の男性型脱毛症)」

大きく2種類ありますが、

どちらも原因はハッキリとは解明されていないのが現状です。

 

わかっている範囲では

  • 「精神的ストレス」
  • 「疲労」
  • 「過度のダイエット」

などが、要因とした「生活環境の変化」が考えられています。

 

つまり、何らかの理由で、

  • 「髪に栄養が届きにくくなってる」
  • 「頭皮の血行が悪くなってる」
  • 「栄養が足りてない」

その結果、薄毛に繋がってる可能性が高いのです。

 

この足りなくなっている「栄養」を補うことで改善をサポートできるケースは、ルグゼバイブが得意な分野です。

髪に必要とされる栄養をギュッと配合し、育毛をサポートします。

 

キヨミル
逆に以下のようなケースは「効果が実感しにくい」と考えられます。

 

加齢により「女性ホルモン」が減少し、相対的に男性ホルモンが優位となった

ホルモンバランスに起因するタイプの脱毛症(主にFAGA)

は、少し苦手な分野かもしれません。

もちろん「効果がない」というわけではありませんが、物理的に加齢により減少した女性ホルモンの分泌量を増やすことは出来ないそうです。

 

実は 女性ホルモンの分泌量は、年齢と共に減り「50代後半」になると、わずかな女性ホルモンしか分泌されなくなるそうです。

また、何かのタイミングで女性ホルモンが増えるということはなく「年齢と共に減少を続ける」ということが わかっているそうです。

 

とくに、男性ホルモンが優位になる「FAGA」は治療が難しいとされ、有効性の高い治療薬も、まだ「開発されていない」のが現状です。

男性であれば「フィナステリド」のような「男性ホルモンを抑制」するお薬で進行を止める事も可能とされているのですが、

女性の場合、効果に対しての副作用が大きいため、使用が禁止されています。

 

キヨミル
ただし、女性ホルモンの減少は「様々な理由」が考えられるので、諦めるのは まだ早いかもしれません!

 

そもそも、女性が豊富に分泌する「エストロゲン(女性ホルモン)」には、髪の毛の成長を促進させると同時に、

DHT(男性ホルモン)の生成や働きを阻害する

という作用があります。

そのため、エストロゲンが豊富に分泌されている状況下では、DHTが多少存在していたとしても「薄毛になることはない」と考えられているのです。

 

キヨミル
つまり 女性の場合は、エストロゲンの低下が、薄毛に関係している可能性が高いのです。

 

この女性ホルモンの減少に対しての対策は可能とされていますが、

重要なのは、女性ホルモンを増やすという考えではなく

  • 「女性ホルモンをコントロールする」
  • 「女性ホルモンを補う」

という考え方を持つこと、なのだそうです。

 

実際に、女性ホルモンを補うという観点でいうと「女性ホルモン補充療法」や「女性ホルモンに似た働きをする成分を摂取する」といった方法もあります。

そして、ルグゼバイブに期待できるのは、もう一方の

女性ホルモンをコントロールする

といった効果の方です。

 

上でも紹介したように、強いストレス、生活習慣の乱れ、更年期(加齢)など、ホルモンバランスが崩れやすい状況はたくさんあります。その結果、バランスが乱れると…

エストロゲンの分泌が低下

髪の毛を成長させる力が衰える

DHT(男性ホルモン)の働きが活発化

脱毛しやすくなる

という「悪循環」になってしまいます。

ですが 現状、男性ホルモンを抑制するお薬を、女性は使えない…

 

キヨミル
そこで!注目される成分の1つに「馬プラセンタ」があります。

 

ルグゼバイブに配合されている「馬プラセンタ」には、ホルモンバランスの調整作用があるとされ、

  • 「生理不順」
  • 「PMS(月経前緊張症)」

などにも有効とされています。

 

例えば、口コミの中にも…

「生理前のPMS症候群による寝汗が酷く悩んでいましたが、ルグゼバイブを飲み始めてから症状が大分軽くなった」

と、書かれている方もいました。

 

キヨミル
ルグゼバイブは、女性ホルモンの「正常化」によって育毛効果があるとされています。

 

正直なところ、

「FAGAを治療できるほどの効果があるのか?」

というと、 難しい部分ではあると思います。

ただ、「有効な治療薬がない」という現状の中で「ルグゼバイブ」や「パントガール」に期待して使用する方も多いのです。

その結果として

  • 「効果が出なかった」
  • 「実感できなかった」

という人もいる というワケですね。

※パントガールには、馬プラセンタは配合されていません。

 

キヨミル
試してみたけど「変化を実感できなかった」という方もいるワケですね。

 

ただ、現段階では 有効な治療薬もないため、とりあえず

「効果があるかもしれない!」

という期待も込めて、安全性の高いサプリメントから始めてみる方も多いです。

 

サプリメントであれば「副作用」や「初期脱毛」といった心配もしなくて済むので、余計なストレスがかかる事もありません。

 

また、口コミにも「効果を実感できた!」という喜びの声がたくさんあったので、まずは参考までに読んでみるだけでも良いかと思います。

とくに「抜け毛の量が少なくなったことが嬉しい」という口コミが、全体的に多かったように感じます↓

》ルグゼバイブの口コミ(385件)を見てみる

 

私はどっちのタイプ?

「FAGA(女性の男性型脱毛症)」の特徴

薄毛に悩む女性の約半数が、FAGAタイプといわれています。主にホルモンバランスの変化が原因とされていますが、女性の場合、男性型の要因とされるホルモンの影響以外にも複数の要因が関係していることがあると言われています。

通常は、生え際から後頭部にかけて抜け毛が増え、同時に毛髪が軟毛化。地肌が透けて見えてくるようになります。

「休止期脱毛症」の特徴

頭皮全体の毛髪が少なくなる、女性特有の脱毛症です。FAGAのように短い軟毛が抜けやすくなるのではなく、長くしっかりした毛が頭部全体から脱毛するのが特徴です。

※ほとんどの場合、どちらか判断するのがとても難しいとされています。

 

「ミノキシジル」の併用で、高い効果に期待

ルグゼバイブは、FAGA(女性の男性型脱毛症)のような「ホルモンに起因するタイプ」は苦手と上で紹介しましたが「ミノキシジル」を使った外用剤を併用することで、高い効果に期待できるかもしれません。

先ほども少し触れましたが 男性のAGAの場合は、男性ホルモン(DHT)を抑制するために「フィナステリド」を服用するケースが多いです。

ですが 女性の場合、男性胎児の発育に影響を及ぼす可能性があるため、服用どころか 触れることも注意しなくてはいけないお薬です。

 

キヨミル
妊娠時のリスクを高めるとして「女性の服用は禁止」されています。

 

なので、FAGAの原因の1つとして考えられる「DHT」は、エストロゲンの「分泌低下」を抑えることでカバーするようにしましょう。

例えば…

  • バランスの良い食事
  • 良質な睡眠
  • カラダを動かす

など、結局またそれ?という感じですが、この辺はどうしてもストレスにつながりやすいので影響してしまいます。

また、加齢による「エストロゲンの低下」いわゆる閉経後の「更年期」の場合、ガクンっと下がってしまうのでホルモンバランスを整える工夫が必要かもしれません。

すぐにできることだと、エストロゲンの作用に近い「大豆イソフラボン」を積極的に摂るなど。

 

キヨミル
ルグゼバイブに含まれる「馬プラセンタ」も、女性ホルモンの「正常化」に役立つとされています。

 

上記と合わせて「発毛促進効果」があり、

AGA治療への効果が医学的に認められている

もう一方の「ミノキシジル(外用剤)」を、併用することが有効とされています。

よく目にする「日本皮膚科学会のガイドライン」では、最も推奨できる治療法だとしています。

》日本皮膚科学会のガイドライン

 

キヨミル
ミノキシジル(外用剤)の使用は女性でも可能です。

日本では、大正製薬の「リアップジェンヌ」が市販されていて、知名度も高いです。

 

有名なデータとして大正製薬の研究(臨床試験)では、

壮年性脱毛症(加齢による脱毛症)の女性に「1%」濃度のミノキシジルを使用したところ、半年で「5倍以上も髪が増えた」という結果がでている。というものです。

》大正製薬の研究(臨床試験)データ

 

ミノキシジルを使用した商品は、サプリメント(健康食品)と違い「医薬品」になるので、副作用、用法、など注意する点はありますが、1つの選択肢として ルグゼバイブとの併用を検討してみるのも良いかもしれませんね。

また、ルグゼバイブを販売しているアメリカの「フォリックス」でも、男女兼用ミノキシジル外用剤(FR02 ミノキシジル2%)があるので、気になる方は参考にしてみてください。

FRシリーズは、日本で適用されている濃度よりも高い「2%」と、2倍になっています。

なのに、お値段は少し安い設定になっているので、とても人気のある商品です。

》フォリックス社「FR02」+「ルグゼバイブ」のセット詳細

※口コミは、それぞれ単品で見た方が多いです

 

キヨミル
以下のような選択肢もあります。

 

他の選択肢として、ミノキシジル「内服薬」通称「ミノタブ」というお薬もあるのですが、こちらは推奨されていません(世界中で認められていない)

クリニックでは症状をみて「医師が必要と判断すれば処方する」場合もあるのですが、効果が高い反面「副作用が強い」という特徴もあります。

また、服用の際の注意点も多いため、内服薬を検討する際は専門家(医師、薬剤師)と良く相談してからにしましょう。

とくに「妊娠の可能性がある方」は、胎児への影響もあることから、注意が必要とされています。

 

ミノタブの口コミ(参考)

女性の口コミ

体毛が濃くなるのは大きなデメリットです

  • ミノキシジルを飲んだら、1ヶ月位で狼男のように顔や手足が毛でボーボーに、、ミノキシジルはやめようと思います。
  • 過度なダイエットから、処方されたミノキシジルを服用。なんとか人前に出られるほど髪が生えてきましたが、今度は副作用で全身が毛深くなってしまい(特口やアゴに髭が生えてしまい)ミノキシジルは止めてしまいました。
  • 病院でミノキシジルタブレット2.5mgを処方され1年以上服用し、かなり改善しましたが、やはり地肌が目立つ状態でした。ルグゼバイブと併用したところ、髪の毛のコシハリが出て、以前よりも目立たなくなりました。
  • ミノキシジルは効果もありましたが、体毛まで濃くなり…ルグゼバイブを購入しました。おでこと生え際の境目にかなり髪の毛が生えてきて、毎日鏡を見るのが楽しみになったので、ミノキシジルはやめてこちら一本にしています。

 

「成分」から見る ルグゼバイブの効果

ルグゼバイブは「成分」や「製造・管理)」商品の品質に関して、以下の「3つのポイント(特徴)」があります。

  1. 身体に優しい成分内容
  2. 安全性が高い
  3. 髪だけでなく、トータルサポートが可能

とくに、プラセンタの中でも希少価値が高いとされる「馬プラセンタ」を豊富に使用している点が、ルグゼバイブが人気の理由の1つです。

 

品質管理が徹底された「馬プラセンタ」を豊富に使用

お肌や健康に必要な栄養素がたくさん含まれている「プラセンタ」は、美肌づくりをサポートしてくれる美容成分としても、注目の的になっています。

最近では 科学的な研究も進み、プラセンタは医療機関(医薬品としても)でも幅広く使われるようになってます。

医薬品では「ヒトプラセンタジェル」などが有名ですよね。

プラセンタとは「胎盤」のことなのですが、胎児を発育させるための器官であるため、数多くの栄養素が含まれていることがわかってきています。

 

キヨミル
色々調べていて、哺乳類の母親は「出産後に排出された胎盤を食べて、カラダを回復させる」なんて情報もありましたよ。

 

とくにルグゼバイブに使われている「馬プラセンタ」は、他由来のプラセンタと比べ、栄養価が非常に高く

アミノ酸含有量は豚プラセンタの296倍

さらに豚にはない

必須アミノ酸が6種類も含有

されているため、非常に高価な成分とされています。

 

キヨミル
プラセンタの種類には、以下のようなものがあります

 

  • 豚プラセンタ
  • 馬プラセンタ
  • 羊プラセンタ
  • 海洋性プラセンタ
  • 植物性プラセンタ
  • ヒトプラセンタ

これらプラセンタを原材料とした「医薬品」「サプリメント」「化粧品」など、多くの商品が作られています。

ちなみに、市販されているプラセンタの中で、もっとも多く使われているのは豚プラセンタになります。

 

キヨミル
価格が安く手に入り易いそうです。

 

馬プラセンタの場合、管理に関してもそのほとんどが「サラブレッド」であることから

  • 「ハッキリとした血統」
  • 「徹底した品質管理」
  • 「栄養管理」

など、申し分ない条件のものとで育てられ、

品質・安全共に認められたものだけが使用される

ので、安全性も非常に高いそうです。

 

ですが、好条件の馬プラセンタは「非常に高価になる」傾向があり

「ごく微量しか配合されていない」

なんてことも結構あります。その点で、

 

キヨミル
しっかりと配合しているルグゼバイブは、それなりの効果が期待できますよね。

 

では、この馬プラセンタが「どのように髪に働きかける」のかを簡単に説明すると、

プラセンタには「ホルモンのバランスを整えたり」「基礎代謝を向上させる働きがある」ため、育毛に良い影響を及ぼすのではないかと考えられています。

 

とくに以下の「4つの働き」が期待されています↓

  1. 育毛を阻害する「男性ホルモン」の過剰分泌を抑える働き
  2. 新陳代謝を促進し「毛母細胞の代謝」をよくする働き
  3. 毛細血管の「血行を良くする」働き(作用)
  4. ホルモンバランスを整える働き

これらの効果(働き)は、育毛にとって大切な「頭皮環境」を整えるために必要不可欠とされています。

 

さらにプラセンタには、細胞を活性化させる「成長因子が含まれていて、育毛にとってすごく重要なんだそうです。

これらのことが合わさって、プラセンタを含有した育毛サプリメントに期待が集まっています。

ただし、ルグゼバイブは医薬品ではないので、効果には個人差があることもお忘れなく。

 

髪に関する口コミ(参考)

女性の口コミ

嬉しい変化がみられる方も多い

  • 飲みだしてから抜け毛の量がずいぶん減った。
  • 3ヶ月飲み、前髪の産毛が伸び、側頭部もツンツン髪が生えてきています。
  • 1年継続して使用中。抜け毛が少なくなり、このまま維持できればと思っております。
  • 生えだした短い髪がぴょんぴょん跳ねるので、おされるのがたいへん。生えてきている証拠なので伸びるまで耐えます!
  • アラフィフのお守り替わりにリピしていきます。

 

ホルモンに作用する成分を使わないから、安心して続けることが可能

女性にとって かなり重要だと思うのですが、ルグゼバイブには「ホルモンに作用する成分が配合されていない」という特徴があります。

つまり、女性のカラダに大きな影響を与えないように作られているワケですね。

あれ? 馬プラセンタは「男性ホルモンに作用するって書いてなかった?」と思われた方は、とても鋭いです。

 

ルグゼバイブが「サプリメント」である以上、医薬品のように影響するほどの作用はないということですね。

 

なので、実際には「効果が期待できるかも」「使わないよりはマシ」くらいの気持ちで使われている方のほうが多いと思います。

プラスに考えれば「安全面も高いのに効果もあった」ということになりますね。

 

キヨミル
大きな副作用がないことは「大きなメリット」として考える方もたくさんいます。

 

また、効果を実感するまでには、ある程度の期間がどうしても必要になります(メーカー推奨摂取期間として3ヶ月以上の継続摂取を推奨)

例えば、高い効果があったとしても「体に何か影響があって続けられれなくなる」ことや、そこまでではなくても「ヒゲが濃くなる」「体毛が濃くなる」といった症状がみられるだけでも、女性としては悩みのたねになりますよね。

 

ただ、優しい成分で作られていても

「効果がなかったら意味ないしなぁ…」

と思われた方も心配はいりません。

なぜなら、ルグゼバイブには「厳選された成分」が豊富に配合されているからです。

選び抜かれた7つの成分
成分名 期待される効果
パントテン酸カルシウム 髪を健康へと導く、ストレス緩和
ケラチン 髪、爪に栄養を与える、痛んだ髪の補修
コロストラム 免疫力向上、炎症などで傷ついた頭皮のケア
馬プラセンタ 血行の改善、発毛促進、美肌効果
サッカロミセス 毛根の根元に活力を与える
チアミン硝酸塩 肌のターンオーバーを促進、疲労回復
L-シスチン ケラチン・コラーゲンの生成をサポート

 

これらの成分が「髪に必要な栄養」「足りなくなった栄養」をしっかりと届けてくれることで、元の健康な状態に近づけるサポートをしてくれます。

もちろん、栄養が届きにくくなっている原因(例えば、無理なダイエット、精神的なストレス、生活習慣の乱れ、etc)を突き止め 改善していくことは必要になりますが、

一時的に髪が栄養不足になっていた場合

高い効果が期待できるとされています。

 

徹底された品質管理は「FDA(食品医薬品局)」も認めるほど

ルグゼバイブは「サファイア ヘルスケア社」というアメリカの会社で製造されています。

会社名を言われても よくわからないと思いますが、この会社は「FDA(食品医薬品局)」の発行する「cGMP(製造品質管理基準)」を取得しています。

 

キヨミル
cGMPは、かなり厳しいと有名な「FDA(食品医薬品局)」が発行する「工場の製造品質を表す基準」なので、品質、安全性は、高いと言えますね。

 

この「cGMP」と言うのは、日本で言うところの「GMP」に相当するらしいのですが、アメリカの安全基準は、日本とは比べ物にならないほど厳格なものなのだそうです。

アメリカはサプリ大国とも言われ、安全性が高く、品質が良いことでも有名ですよね。

 

女性には嬉しい「美容(お肌)」にも欠かせない成分も豊富

ルグゼバイブには1瓶に「60,000mg」相当の馬プラセンタを濃縮配合してることだけに注目されがちですが、実は美容に欠かせない成分も豊富に含まれています。

以下の豊富な美容成分が含まれています↓

  • コラーゲン
  • ヒアルロン酸
  • ビタミン
  • タンパク質
  • 各種アミノ酸
  • ミネラル

もちろん、馬プラセンタにも美容効果が期待できるので、一石二鳥です。

 

馬プラセンタは、肌のハリや潤い、代謝促進に欠かせない

  • 「必須アミノ酸」
  • 「酵素」
  • 「成長因子」

を豊富に含み、透明感あふれる若々しい肌へ導く効果に期待されています。

肌荒れ、くすみ、シミ、シワなど、その「優れた美容効果」は、多岐に渡って役立つと言われています。

 

キヨミル
髪のツヤ 以外にも、肌のツヤ、爪など、美容から健康面までをサポートしてくれるので、リピートされる方も多いのです。

 

美容に関する口コミ(参考)

女性の口コミ

肌が若返ると見た目年齢も大きく違ってきます。

  • お肌がツヤツヤしてると数人から言われました。
  • 肌の調子も良く、しばらくリピートしようと思っています。
  • 爪がすぐに割れていたのも、殆ど無くなりました。
  • 肌がものすごくスベスベに! これはかなり驚きました。
  • 体に優しく、髪と健康を健やかに保ちながら続けることができます。

 

育毛だけでなく「美肌効果」や「疲労回復」などの効果にも、期待されて使用されている方もいました。

仕事でいつも疲れていたのに、ルグゼバイブを始めてから「疲れにくくなった」という声もありましたよ。

 

》ルグゼバイブの詳細・成分内容を確認する

 

効果的な「ルグゼバイブの飲み方」を考えてみよう

ルグゼバイブに期待される効果はある程度わかりましたが「飲み方(服用方法)」を間違えてしまっては、せっかくの効果も薄れてしまうのかな?なんてことも考えられますよね。

ということで「基本」をおさえながら、口コミを参考に、効果的な服用方法を一緒に考えてみましょう。

 

キヨミル
まずは基本的な「用法」を確認しましょう。

 

用法・注意事項

用法

1回1粒を目安に、1日3回お召し上がりください。

Follics(フォリックス)ルグゼバイブは、飲みやすいストロベリー風味です。

※確証されたデータが無いため、12歳以下のお子様の摂取は推奨されません。

注意事項

  • 健康状態に問題がある方や、医師の処方する薬を服用している方、妊娠中や授乳中の方は摂取前に専門家へご相談ください。
  • 本品は、多量摂取により疾病が治癒したり、より健康が増進するものではありません。
  • 1日の摂取目安量を必ず守り、過剰な摂取はお控えください。
  • 乳幼児・小児は本品の摂取を避けてください。
  • 本品や、含有成分にアレルギーのある方は、使用をお控えください。
  • 子供の手の届かないところに保管してください。
  • 直射日光の当たらない涼しい場所に保管してください。
  • 開封シールが剥がれていた場合は、使用をお控えください。

 

ルグゼバイブの「ボトル」同封されてる「説明書」にも記載があるのですが、全て英語なので少し ややこしいですよね。

私なりにですが「飲むときのポイント」をまとめてみたので、良かったら参考にしてみてください。

5つのポイント

  1. 1回の摂取量を多くしない
  2. たくさんの水(白湯)で飲んだ方がいい
  3. 飲み忘れ防止に「食後」がベスト
  4. 風味(においが改善)が飲みやすくなった
  5. 3ヶ月以上の継続が必要(メーカー推奨)

 

キヨミル
5つのポイントに補足を加えて解説します。

 

多く飲んでも「効果は同じ」決められた量を忘れずに飲む

多く摂れば「効果も高まる」と勘違いしてしまう人がいるそうなのですが「1回の摂取量は副作用や効果が出る量をしっかりと専門家(医師)が判断し定めている」ため、多く摂れば良いというもではありません。

決められた量(ルグゼバイブの場合:1回1粒を1日3回)を「忘れずに飲む」ことがポイントです。

 

カプセルが大きめなので、たくさんの水(ぬるま湯)で飲んだ方がいい

海外のサプリメントに馴れてる方は、違和感を感じないかもしれませんが、ルグゼバイブのカプセルは少し大きく飲みにくいと感じる方もいます。

 

飲みやすさに関するクチコミ(参考)

女性の口コミ

水は多い方が飲みやすいです。

  • カプセルが大きく、香料の匂いが強いと思います。
  • 粒は大き目で 独特の匂いもありますが 慣れました。
  • カプセルが大きいので、喉にひっかかる時があります。
  • カプセルが大きくて飲みづらいのが難点
  • 粒の大きさも、さほど苦にならない。
  • 大きすぎず、日本人の女性でもスムーズに飲めると思います。

 

少ない水で飲もうとすると「喉に詰まる」感じが残ってしまうことがあるので、なるべく多くの水で飲むようにすると飲みやすくなります。

ひとつ注意点として、カプセルを割って飲んだり、口の中で噛んでしまうと「すっごい苦い」ので、気をつけてください。

また、お水の温度も、冷たい水をたくさん飲むのはツラいと思うので「ぬるま湯(白湯)」を用意すると良いかと思います。

 

キヨミル
外出先では、氷抜きの水を先にもらっておき、食後に飲むと良いですよ。

 

ちなみに「熱いお湯」や「お茶」で飲むと、成分に影響が出てしまう可能性も考えられるので 気をつけてください。

 

飲むタイミングと効果は直接関係ないが、飲み忘れ防止のため「食後」がベスト

ルグゼバイブは用法に「1回1粒を目安に1日3回」が基本として推奨されています。

時間帯(タイミング)に決まりはありませんが、飲み忘れを防止するために

食後(朝、昼、晩)の3回に分けて飲むのが良いと思います。

とくに、昼食後(外出先)は忘れがちになるので気をつけたいですね。

 

サプリなので「飲み忘れても問題はない」ので、そこまで神経質になる必要はありませんが、しっかりと効果を実感したいのであれば、用法の通り「1日3回」を忘れずに摂りましょう。

 

キヨミル
100均などで売ってるケースに、小分けにして持ち歩くと便利です

 

また、就寝前にサプリメントを飲んで、すぐに横になると下までおりて いきにくいことがるので、夜は少なくとも寝る「30分前くらい」には、飲んだ方が良いかもしれませんね。

 

ストロベリー風味で比較的飲みやすく改善された

以前のルグゼバイブ(ドクターゼロ)は、臭いがキツく「飲み続けるのがツラい」という意見がたくさん寄せられていましたが、

現在 販売されてるルグゼバイブ(フォリックス)は、比較的 飲みやすい「ストロベリー風味」に改善されています。

 

キヨミル
改善前は、馬プラセンタによる独特な硫黄のようなにおいが強く、続けるのを断念してしまった方も多くいたようです。

 

ストロベリー風味に好みは別れると思いますが

「プラセンタの独特な臭いよりはマシ」

という意見には、賛成の方も多いと思います。ただ、

「ゲップやおならをした時の臭いが少し気になる」

という口コミが、数件ありました。

人前ですることはないにしても、女性としては気になる部分ではありますよね。笑

意見として

  • 「人と話してる時に臭わないか心配」
  • 「体臭は大丈夫なのかな?」

と、気になってしまう方もいるみたいですが、そこまで心配する必要はないの安心してください。

 

以前のルグゼバイブは「ドクターゼロ・ルグゼバイブ」という商品として販売されていましたが、2018年5月より「フォリックス・ルグゼバイブ」に変更になりました。

成分自体の内容は全く同じなので効果に違いはありません。

 

効果を実感するには「最低でも3ヶ月」の期間継続が必要

ルグゼバイブを飲みはじめて「すぐに効果を実感できた」という方も口コミにはありましたが、メーカーが推奨してる期間は「3ヶ月以上の継続摂取」なので、最低でも3ヶ月は飲み続けないと、効果は実感しにくいと思います。

すぐに効果を実感できたというのは稀なケースで、口コミを読んでいても

「2本目、3本目あたりから、なんとなく効果がではじめた」

といった意見が多く見られたので、少しの変化が表れるまでも「2〜3ヶ月」は様子を見た方が良いかと思います。

ちなみに、ルグゼバイブ1本の内容量は「90粒」で「約1ヶ月分」になります。

 

また「ルグゼバイブ」や「パントガール」の使用期間の目安が「3〜6ヶ月の継続」と言われているのには、ちゃんとした理由があります。

詳しく説明すると、ものすごーく長くなってしまうので、簡単に要点だけをお伝えすると、

「髪にはヘアサイクル(成長期、退行期、休止期)があって、健康に生えはじめるサイクルに戻すには最低でも3ヶ月は必要だよね」

という感じに言われています。

さらに栄養(有効成分)をしっかり取り込むためには「それなりの期間」が必要になるため、3ヶ月以上というのが、1つのわかりやすい目安として提示されているようです。

 

キヨミル
ルグゼバイブに同封されている説明書の文言になります。

 

Since formation of new hair and hair growth is a slow process, it is important to take FOLLICS LUXEVIVE regularly as instructed over a period of 3-6 months in order to ensure maximum benefits.

新しい髪の毛の形成と成長はゆっくりとしたプロセスであるため、最大の効果を確実にするためには、3〜6ヶ月の期間にわたってFOLLICS LUXEVIVE(ルグゼバイブ)を定期的に服用することが重要です。

 

記事冒頭でも触れましたが、サプリメントの効果(有効性)は、科学的なデータがないため「個人差が大きい」とも言われています。

なので「3ヶ月以上継続しても思っていたほどの効果を感じられなかった」という人も残念ながらでてきてしまうのが事実としてあります…。

 

実感できなかった…口コミ(参考)

女性の口コミ

期待より効果を実感できなかったという声も。

  • しばらく飲み続けて効果がありました。でも最近は停滞気味です。
  • はっきりした効果は感じられませんが、お守りのように飲み続けています。
  • もともと馬プラセンタを美容のため服用してたのもあり、とりあえず続けてます。
  • 育毛、発毛を期待していましたが、髪の量が増えるというのは、難しいのですね。
  • どちらかというと、肌の方が効果があるように思います。

 

もちろん、ルグゼバイブの全体的な評価は高いので「効果を実感できなかった」という方もいるということですね。

両方の口コミがたくさん掲載されているので、合わせて参考にしてみてると良いかと思います↓

》ルグゼバイブの口コミ(385件)を見る

 

キヨミル
ちなみに、一定数の割合の人に効果があることがデータとして確認(証明)でき、特定の効果が認められるものは「医薬品」になります。

※日本では厚生労働省で判断されます

 

「パントガール」と「ルグゼバイブ」を比較

どちらも医薬品ではなく「サプリメント」

ルグゼバイブを検討されている方であれば、おそらく「パントガール」も知っているかと思います。

 

キヨミル
クリニックなどでも紹介される、わりと有名な商品ですよね。

 

ただ、この「パントガール」という商品、

「女性の薄毛に効果が認められた薄毛治療薬」

なんて紹介しているクリニックもあるので「医薬品」だと思っている方も多いのですが、パッケージや説明書を見ても、医薬品(お薬)とは どこにも書かれていないので「サプリメント」になると思います。

他にも「飲む育毛剤」と表現しているクリニックもありました。

 

海外製の商品なので、扱いが どういう風になっているのかわかりませんが「ドイツの製薬会社」が作ったサプリメントなのではないでしょうか。

クリニックのサイトを見ると、パントガールは「サプリメントに近いお薬」と書いてありましたが、

「いや、それは、お薬なの?サプリメントなの?」

と、私は思いましたし、ルグゼバイブは「サプリメント」として販売しているので、パントガールも医薬品ではないと思います。

 

キヨミル
なぜなら 成分の内容(量)が全く同じだからです。

 

全く同じ内容で、片方が「医薬品」もう片方が「サプリメント」ということはありえません。

確かにパントガール は「臨床試験」を行っているのですが、試験を行なっている事と、医薬品として認められている事は別ですよね。

ちなみに上で紹介したフォリックスの「FR02」は、有効成分に医薬成分の「ミノキシジル」を使用しているので、医薬品の扱いになっています。

 

アメリカでのサプリメントとは?

アメリカではサプリメントを「従来の食品・医薬品とは異なるカテゴリーの食品で、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、ハーブ等の成分を含み、通常の食品と紛らわしくない形状(錠剤やカプセルなど)のもの」と定義しています。

アメリカと日本では「医療保険制度」が異なり、病気にかかると高額な医療費が必要となる(日本と比べて)ため「健康の維持(自己管理)」にも意識が高く、サプリメントが幅広く普及しているという現状があります。

 

ルグゼバイブとパントガールの併用は必要ない

とはいえ、パントガールは臨床試験も実施され「効果の試験データ」もあるため、人気の商品になります。

また、医療関係者からの評価も高く、クリニックでも販売している場所もあるため、知名度も高いですよね。

 

キヨミル
パントガールは臨床試験で、女性の抜け毛が少なくなり、脱毛症状に対して優れた有効性が確認されたとしています。

 

実際に「パントガール」と「ルグゼバイブ」どちらも人気の高い商品なんですが、

「正直、どっちが良いの?」

と、迷ってしまう方も多いかと思います。

 

ということで「口コミ」や「成分」を比較しながら、違いを確認してみましょう。

ちなみに、ふたつを併用しても「効果が倍になったりはしない」ので、どちらかひとつを飲めば十分です。

両方飲むと「ただの飲み過ぎ」になり、思わぬ副作用が出る可能性もあるのでやめましょうね。

 

キヨミル
成分には、以下のような違いがあります。

 

パントガールの成分

D-パントテン酸カルシウム 60mg、ケラチン 20mg、L-シスチン 20mg

ルグゼバイブの成分

D-パントテン酸カルシウム 60mg、ケラチン 20mg、L-シスチン 20mg、馬プラセンタ 667mg、コロストラム 20mg

 

ご覧の通り、パントガールと、ルグゼバイブは、全く同じ作りになっていて、ルグゼバイブには「+α」

  • 馬プラセンタ(667mg)
  • コロストラム(20mg)

が、配合されています。

 

キヨミル
なんと!この貴重な成分がプラスされているにも関わらず、価格は以下の違いしかありません。

 

パントガール ルグゼバイブ
価格 6,126円/1箱 7,000円/1本
8,375円/150錠 10,500円/2本
15,211円/300錠 14,000円/3本

※価格はオオサカ堂(個人輸入代行サイト)を参考にしています
※ルグゼバイブは1本(90カプセル)

 

と成分や、価格だけを見ると、パントガールと同じ内容に貴重な「馬プラセンタ」「コロストラム」が配合されているので、ルグゼバイブの方が良い感じがしますよね。

もちろん、

  • 「頭皮環境」
  • 「髪の毛に必要な栄養」
  • 「肌(美容)」

のことを考え配合してるので、より高い効果に期待できるとは思いますし、実際に効果を実感できているという人もたくさんいます。

 

ですが、

「全員がルグゼバイブに変えて満足できているの?」

というと、そうでもないようです。

 

合わなかった口コミ(参考)

女性の口コミ

パントガールに戻すという声もありました。

  • パントガールとルグゼバイブ両方を試してみましたが、正直違いはよくわかりません。
  • ルグゼバイブに変えてみましたが、なんとなくパントガールの方が良いような気がします。
  • 3ヶ月試しましたが効果が感じられなかったので、パントガールに戻ろうと思います。
  • パトンガールからルグゼバイブに乗り換えてみました。季節や心理的要素もあると思いますが、私には合わなかったようで抜け毛が増えました。

 

こうして、口コミも合わせて参考にしてみると、同じ成分だから「効果も同じ」と言ったような単純なことではないみたいですね。

また それなら「パントガールの方が良いのか」と言うと、それもまた難しい話しなのです。

 

科学的な観点からすれば「成分も全く同じ」なおかつ「配合量も同じ」

さらに「馬プラセンタ」と「コロストラム」が追加されているので、ルグゼバイブの方が効果に期待できるはずなんですが、

相性なども踏まえて、サプリメントには「まだわからない部分」がたくさんあると言うことなのかもしれませんね。

 

ということで、私なりの結論は、

「自分が良い!と思った方を使い続ける」

が、効果を実感しやすいのではないでしょうか。

ふたつの口コミを比べて「ゆっくりと検討してみる」のも良いと思いますし、両方とも買ってみて「相性(飲みやすさ)を比べる」のも良いかと。

初めてなら「馬プラセンタ」も入ってるルグゼバイブに決めてしまうのも良いかと思います。

私は口コミを読んでみて、最終的には「直感」で決めてしまうことが多いです。

》ルグゼバイブの詳細・口コミはこちら

》パントガールの詳細・口コミはこちら

お知らせ

2020年3月からパントガールの在庫がどこのサイトにもありません。

国際航空便の減少によって日本への出荷が難しくなり、オオサカ堂などの大手サイトでも現在は販売を停止しているようです。

 

ルグゼバイブの「副作用」

ルグゼバイブを飲んでの「副作用の報告はない」ので、基本的には心配はいりません。

成分内容を見ても、アレルギーがでやすい成分が特に入っているわけでもないので、通常は問題ないとされています。

ただし、

  • 健康状態に問題がある方や
  • 医師の処方する薬を服用している方
  • 妊娠中や授乳中の方

は、摂取前に専門家(医師)へ相談した方が安心かもしれませんね。

 

実際に飲まれている方で、副作用を感じてる方もいないのか口コミを調べてみましたが、ほとんどの方は「副作用がでていない」という感じでした。

ただ、数件 以下のような意見もありました↓

  • ガスが溜まりやすくなった気がする
  • おならが異様なニオイに…
  • 気のせいか、体毛が少し濃くなったような
  • いちご風味で気持ち悪なった

 

大きく体調を崩したと言うような口コミはありませんでしたが、少しでも体調に変化があったり、不安な点がある時は、自己判断せずに専門家(医師)に相談しましょう。

なお、以下に当てはまる方は、健康上の観点からルグゼバイブを服用することができません。

  • ルグゼバイブの成分に対してアレルギーをお持ちの方
  • 12歳以下の子ども

 

育毛剤(発毛剤)に多い「初期脱毛」は、ルグゼバイブにも現れる?

ルグゼバイブには「発毛効果」はないので、初期脱毛の心配はいりません。

ただし「ミノキシジル」の併用を検討されている方は、初期脱毛が見られる可能性があります。

 

キヨミル
ミノキシジルは、発毛促進が認められる「有効成分」なので、初期脱毛、副作用が見られる可能性があります。

 

そもそも 初期脱毛とは…

休止期に入っていた毛母細胞が、通常より早く成長期に入るため、生えていた古い髪の毛が押し出されるように抜けてしまう現象のことを一般的に指しています。

そのため、有効成分が 髪の毛が生まれる「毛母細胞」に、ダイレクトに働きかけるタイプの育毛剤(発毛剤)は、成分の影響で急激に活発化するそうです。

その代表例が「ミノキシジル」や「フィナステリド」になります。

起こる時期や脱毛期間も「個人差がある」とされていますが、

  • 短い方で「1週間」
  • 長くても「約1〜2ヶ月」

と言われています。

 

ルグゼバイブに期待される効果は、ホルモンバランスの正常化や、栄養補給が主になるため「発毛促進」という効果は認められていません。

なので、変化の感じ方も「ゆっくり」ですし、こうした「初期脱毛」や「副作用」の心配もほとんどないワケです。

ただ この点が、安心して長く使用できるメリットとして「嬉しい」と感じている方も多いのです。

 

キヨミル
口コミを見ても、ルグゼバイブ単体で「初期脱毛があった」というような声はなかったので、心配ないかと思います。

 

また、ミノキシジルを使用した商品は、初期脱毛の症状が見られやすい傾向にあるのですが、

ルグゼバイブと同じ「フォリックス」から出ている「男女兼用のFR02」は、

ミノキシジルの配合量が比較的少ない「2%」のため、初期脱毛、副作用の報告も少なく使いやすい商品になります。

 

》フォリックス「FR02」+「ルグゼバイブ」のセット詳細

 

ルグゼバイブを「通販」で注文する

ここまで「ルグゼバイブ」の詳細を紹介してきましたが、最後に「購入方法」を紹介したいと思います。

フォリックス ルグゼバイブは「アメリカ製」の商品なので、基本的には「通販」を利用することになります。

多くの方は「個人輸入代行サイト」を利用していますが、

  • 「amazon(アマゾン)」
  • 「楽天」

といった大手通販サイトでも販売(並行輸入・海外直送)がありました。

 

キヨミル
amazon、楽天、は共に公式サイトの販売はなく「委託」になります。

 

ちなみに私は、価格が安く、口コミが圧倒的に多い、オオサカ堂(個人輸入の代行サイト)を利用しています。

 

また、通販以外にも、価格はだいぶ高くなってしまいますが「クリニック」で販売している場所もあるようです。

どうしても「通販は苦手」という方は、検討してみるのも良いかもしれませんね。

なお、クリニックで販売しているルグゼバイブも、クリニックで「個人輸入」したものになるので、商品は全く同じです。

 

\ 最安値&送料無料 /

ルグゼバイブの購入はこちら

 

「amazon(アマゾン)」でも販売はあるが、amazonが販売しているわけではない(委託)

世界中で大人気の「amazon(アマゾン)」なので、利用しているという方も多いですよね。

 

キヨミル
私も「本」や 最近では「日用品」まで、お世話になっています。

 

そこで、ルグゼバイブが amazonで購入できるか調べてみたところ「BBX」というショップの販売がありました。

ちなみに、amazonには「amazon マーケットプレイス」というシステムがあって、販売手数料を支払えば、誰でも出品(出店)できます。

ルグゼバイブの詳細を見ると「販売」「発送」共に「ショップが行う」形になっているので、amazonは場所を貸しているだけみたいですね。

※ショップの評価、詳細、などは ご自身で確認ください

 

「楽天」(amazonに出店してるショップと同じ)

同じように「楽天」でもルグゼバイブが販売してるのか検索してみたところ「LOHAS cafe」というショップがありました。

サイト内のプロフィール?みたいなとところを読むと「専売契約しているBBX」と書いてあるので、amazonにあったショップと同じみたいです。

 

「最安値」はどこ? 価格を比較してみた

ルグゼバイブを購入するには、

  1. 個人輸入代行サイト
  2. amazon(委託)
  3. 楽天(委託)
  4. クリニック

上記4つの方法がありました。

 

目安にはなりますが、それぞれの「価格」は以下のようになっていました↓

Amazon 楽天 オオサカ堂
1箱 7,000円 7,000円 7,000円
2箱 10,500円 10,500円 10,500円
3箱 14,000円 14,000円 14,000円

※海外商品のため価格に変動がある場合があります

 

見てもらうとわかる通り「通販の価格はどこも一緒」でした。

なので「買いやすい」「ポイントを貯めてる」「信頼できる」「口コミの評価が良い」など、ご自身でメリットが多いなぁと、感じる場所で注文するのが良いかと思います。

 

キヨミル
クリニックでも ルグゼバイブを販売している場所があったので、参考までに価格をまとめてみました。

 

クリニックでの販売価格(参考)

価格(1箱:90粒)
クリニックA 10,000円
クリニックB 9,000円
クリニックC 10,000円
クリニックD 10,000円

※クリニックの販売価格は基本「税抜き価格」になります。

クリニックでは、1箱「10,000円」で販売しているところが多いみたいですね。

通販で購入すると、1箱「7,000円(送料無料)」だったので、価格だけを見れば通販の方が良いことがわかります。

メーカーが推奨する「6ヶ月」の継続を考えると、この差はかなり大きいですよね。

 

「オオサカ堂」で購入するメリットを紹介

個人輸入代行サイトのオオサカ堂で購入するのがベストかなと、私は思っているので「メリット」を紹介したいと思います。

ちなみに「オオサカ堂」は、海外商品(医薬品を含む)の個人輸入を代行してくれるサイトです。

なお、私用目的のための「医薬品の輸入(制限あり)」は、厚生労働省も認めていますが、

ルグゼバイブは「育毛サプリメント」なので、制限なども気にする事もないですね。

ただ、ミノキシジルには「輸入制限」があるので、検討している方はオオサカ堂の公式サイトで詳細を確認してください。

 

キヨミル
運営実績も20年以上と長いオオサカ堂は、利用している方もたくさんいます。

 

ルグゼバイブを使用(購入)してる方の多くが「オオサカ堂で注文」しているのには、以下のような理由があげられます。

  • 20年以上の運営実績
  • メーカー純正品
  • 医療関係者からの依頼も行なっている
  • レビュー数が多い(利用者が多い)
  • 注文から到着まで全て日本語
  • 到着までのサポートがしっかりしている
  • 中身がわからない(商品名の記載なし)
  • 価格が業界最安値水準
  • ポイント還元率が高い
  • スタッフ対応の評判も良い

などが、メリットとして考えられます。

また到着の目安も「最短3日〜10日」なので、わりとすぐに届きます。

代行サイトは他にも

  • 「ベストケンコー」
  • 「あんしん通販マート」
  • 「アイドラッグストア」

など いろいろあるのですが、老舗で評判も良いオオサカ堂で、私は落ち着いてます。

とりあえず、口コミだけでも参考にしてみたいという方は「300件以上」もレビューが載っているので、読んでみるだけでも良いかと思います↓

》ルグゼバイブの詳細・口コミ(385件)はこちら

 

まとめ:ルグゼバイブは継続で高い効果に期待できる

ルグゼバイブは、髪に栄養を届けることはもちろん、肌や爪も健康になり、見た目年齢も若くなるのは嬉しいですよね。

医薬品ほどの効果はなくとも

「無理なく継続できる」

のは、ルグゼバイブの特徴のひとつです。

さらに、効果的に使用するには

  • 「飲み忘れに注意する」
  • 「継続する」

ことが大切ということがわかりました。

また、1ヶ月分(1本/90粒)が、

  • 通販の場合「約7,000円」
  • クリニックの場合「約10,000円」

オオサカ堂では、3ヶ月分(3箱)まとめて購入すると、価格が14,000円と「実質 1箱分が無料」になるのでお得です。

どこで注文したらいいのかな?と悩んでいた方は、ぜひ参考にしてみてください。

口コミ数も多いので、読むだけでも役に立ちますよ。

 

\ 送料無料&高ポイント還元 /

ルグゼバイブの詳細&口コミはこちら

 

記事内でも紹介しました「フォリックス」では、ルグゼバイブの他に「ミノキシジルを配合した発毛剤」も販売しています。

フォリックス「FRシリーズ」は、高濃度ミノキシジルを配合しているため、基本 女性の使用はできませんが、唯一「FR02(男女兼用)」だけ使用することができます。

FRシリーズについてまとめた記事もあるので、気になる方は合わせて参考にしてみてくださいね↓

【おすすめ濃度は?】フォリックスシリーズ全7種類の違いから使い方までをまとめてみた

-女性用商品・サプリメント
-, ,

Copyright© キヨミル(仮) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.