フォリックス

【おすすめ濃度は?】フォリックスを種類ごとに徹底解説!選び方をまとめてみたよ

フォリックス(follics)種類別の特徴おすすめ選び方を紹介

今回はオオサカ堂でも大人気「フォリックス全7種類のおすすめの選び方」についてまとめてみました。

フォリックスはミノキシジルの濃度で

「FR02」「FR05」「FR07」「FR10」「FR12」「FR15」「FR16」

全部で「7種類」から選べ、それぞれ効果や使用感に特徴があります。

頭皮の状態に合わせて選択肢が多いのは嬉しいですが「種類が多くて迷っちゃう」という方も多くいます。

 

口コミを参考に出来るだけわかりやすく選べるようにまとめてみました。

 

記事内では「種類ごとの特徴」の他に「似た商品の違い」「価格」「成分(効果)」など気になる点からも比較し選び方の参考になるようにまとめたので、検討の際は役立ててみてくださいね。

 

ちなみに…

 

男性人気が高いのは、

高濃度の「FR15」「FR16」

女性は、

男女兼用の「FR02」

が使用できます。

 

男性はもちろん「女性にも役立つ」ようにまとめてあるので、参考までに読んでみてくださいね。

 

\ 世界が認める発毛効果 /

フォリックスのブランドページはこちら

 

発毛について

フォリックスは有効成分に、ミノキシジルを使用した発毛効果が認められる商品です。

そのため厳密には「発毛剤」になるのですが、記事をわかりやすくするために「育毛剤」と表記しています。

 

この記事の目次

フォリックスの「種類(全7種)」を徹底比較

フォリックスシリーズ全7種類

日本国内でも、次々とミノキシジル配合の育毛剤が発売されていますが、国内では「配合率「5%」が上限(男性)となっているため「これではあまり効果が現れない」といった意見も…

 

そこで人気を集めているのが「海外商品」です。

 

中でも注目されているのが「ミノキシジル」を配合したアメリカ製の育毛剤

 

「フォリックス(Follics)FRシリーズ」

 

フォリックス(FR)のラインナップ

フォリックス(follics)FRシリーズ全7種類の特徴まとめ

 

フォリックスのここがスゴイ!

  • 「高濃度ミノキシジル」
  • 「育毛サポート成分も充実」
  • 「継続しやすい価格」
  • 「徹底した品質管理」

 

かなりメリットが多い商品になります。そのため、使用している方の「評判」もかなり高く「リピーター」も多くいます。

 

また高濃度商品だけではなく、女性や頭皮が敏感な男性でも扱いやすい、刺激が少なく安全性が高いタイプの商品もあり、それぞれの悩みに適した内容を「全7種類」から選べるようになっています。

 

フォリックス「FRシリーズ」

商品名 ミノキシジル濃度 フィナステリドの有無 タイプ(形状)
フォリックスFR16 ミノキシジル16% クリームタイプ
フォリックスFR15 ミノキシジル15% - ローションタイプ
フォリックスFR12 ミノキシジル12% ローションタイプ
フォリックスFR10 ミノキシジル10% - ローションタイプ
フォリックスFR07 ミノキシジル7% - ローションタイプ
フォリックスFR05 ミノキシジル5% - ローションタイプ
フォリックスFR02 ミノキシジル2% - ローションタイプ

※それぞれについてまとめた項目にスクロールします

 

選択肢が多いのは嬉しいけど、どれを選んだらいいのか迷ってしまうという意見もあるぞ。

 

そこで!種類ごとの特徴を簡潔にまとめてみました。

 

なお、フォリックスで人気の高濃度タイプのシリーズは、高い効果に期待できる一方で「副作用(痒み、炎症など)」や「初期脱毛」が見られやすいといった意見もあるため、気になる方は事前にチェックしておきましょう。

 

フォリックスの効果と副作用
フォリックスの効果を解説!気になる初期脱毛や副作用も合わせて確認しよう

最近毛量が減った気がする、抜け毛が増えた気がする、髪に元気がないんだよな、その悩み!歳だからと諦めていませんか? いまや薄毛は治療できる時代であり医学的に確かな発毛効果が認められている育毛剤も続々と登 ...

 

高濃度シリーズから順番に見ていきましょう。

 

FR16:最高濃度の16% シリーズ唯一の「クリームタイプ」

フォリックスで最高濃度「16%」のミノキシジルを使用したfr16は、ミノキシジルの他に「フィナステリド」を使用した育毛剤です。

最高濃度クリームタイプのフォリックスFR16

フォリックスシリーズ唯一の「クリームタイプ」ということで、育毛剤に多い「液だれ」の心配がなく、m字、生え際、前頭部、の使用に重宝されます。

ただし、最高濃度のミノキシジルに加えフィナステリドも使用しているため、取り扱い方法(保管)、初期脱毛、副作用、にも念のため気をつけたいところですね。

※フィナステリドは経皮吸収も認められている成分

 

またFR16はクリームタイプなので、数種類の油を使用しています。そのため、塗布後「ベタつき」が残りやすいと言った声もあります。

また残りわずかになるとポンプで吸い上げることができなくなるため、底に残ったクリームをすくいとる道具(耳かき、マドラー、など)を、別途用意しておくと便利ですよ。

 

》FR16の口コミ(500件)を読んでみる

 

フォリックスFR16
【フォリックス】fr16の効果的な塗り方・使い方!口コミと基本情報もご紹介

アメリカ製ミノキシジル育毛剤「フォリックス(follics)」シリーズの中でも人気の高い「フォリックスFR16」。 唯一のクリームタイプということで、使い方が気になる方も多いのではないでしょうか? f ...

 

FR15:シリーズいちばん人気!濃度、価格、使用感、全てが高評価

フォリックスシリーズ一番人気のfr15は、ミノキシジル「15%」を使用した高濃度タイプの育毛剤です。

一番人気の高いフォリックスFR15

個人輸入代行サイトのオオサカ堂でいちばん人気の育毛剤もフォリックス「FR15」になります。

プロペシアなど内服のフィナステリドを使用している方で「サポート成分にフィナステリドを使用しておらず、かつ高濃度の商品が使いたい!」という場合は、fr15一択になるかと思います。

 

高濃度ミノキシジルは、つけたときに毛髪が「バリバリする」「白く残り汚れに見える」など使用感に難点があったり、気温の変化で液体が固まりスプレーノズルが詰まりやすいといったデメリットもあります。

また、発毛にともない「初期脱毛」も見られやすい傾向にあるため、この辺の知識は前もって調べておきましょう。

 

》FR15の口コミ(500件)を読んでみる

 

フォリックスFR15
フォリックス「fr15」の購入方法は?使い方や効果も口コミと合わせてチェックしよう

フォリックス(follics)の中でも一番人気の「フォリックスFR15」は、高濃度ミノキシジルを配合したアメリカ製の育毛剤です。15%という高濃度ミノキシジルに加え「10種類」もの育毛サポート成分が使 ...

 

FR12:AGA治療に必要な「ミノキシジル」+「フィナステリド」を配合

FR12も FR16と同じく「ミノキシジル」と「フィナステリド」という構成。

守りと攻め「ふたつの効果」で、薄毛に対してアプローチしていきます。

フィナステリドを使用したスプレータイプのフォリックスFR12

また、FR12は、他のFRシリーズと同じく「ローションタイプ」となるため、クリームタイプのFR16とは、その点で「使い分け」が可能です。

ミノキシジル「12%」は、国内の商品と比べるとグッと高い濃度になっています。

なお、国内のミノキシジル外用薬の販売は、「男性:5%」「女性:1%」までが、上限と決められていますが、この基準は各国によってことなるようです。

成分を見ると「アルファトラジオール」や「Follicusan®」といった、FR12だけに含まれている成分もあり、育毛サポート成分にこだわっているのがわかります。

また口コミには、ミノキシジル12%という濃度は、高すぎず、低すぎず、発毛効果と使用感(使いやすさ)のバランスが良いといった声も多くありました。

以前人気だった「ポラリス(NR-11)」が販売終了してしまったことから「FR12に移行した」という方も多く、ポラリス愛用者からも高評価!の商品です。

 

》FR12の口コミ(500件)を読んでみる

 

フォリックスFR12
【フォリックス】fr12の使い方&口コミを紹介。フィナステリドの取り扱いに要注意!

アメリカ製育毛剤として人気の「フォリックス」には外用としては珍しいフィナステリドを含有する「フォリックスFR12」があります。 fr12は、「12%」という高濃度ミノキシジルに、脱毛抑制効果が高いとさ ...

 

FR10 :最新のまつ毛育毛成分を配合した「特殊設計」

まつ毛育毛剤の有効成分「ビマトプロスト」を使用したfr10は、フォリックスシリーズの中でもいちばん新しい商品になります。

ビマトプロストを使用した最新のフォリックスFR10

ローションタイプ(スプレー)のfr10は、ミノキシジル「10%」の他に「18種類」とフォリックスの中でも最も多い育毛サポート成分を使用しています。

とくに注目すべきは、まつ毛を伸ばす効果が証明されている「ビマトプロスト」ミノキシジルの効果を高める「レチノール」この2種類の成分です。

このふたつの育毛サポート成分は、フォリックスの中でもfr10だけに使用されています。

毛髪に対してはまだハッキリとした効果はわからない…という試験(研究)段階の成分ではありますが、有効成分である高濃度ミノキシジルに豊富な「補助成分」にもこだわった最新の育毛剤になります。

 

fr10の使用感に関しては、頭皮への刺激なども問題なく「朝晩の使用もできる」といった声が口コミには多くあり比較的扱いやすいタイプに入るのではないでしょうか。

ただ、人によっては結構強いと感じる方もいるようなので個人差はあるかと思います。使用量はしっかり守り「付けすぎ」に注意しましょう。

 

最新の育毛剤ということで、「期待して試しに購入してみた」という声も多くあります。

 

》FR10の口コミ(500件)を読んでみる

 

FR07:国内では一般販売されない「ミノキシジル7%」の商品

国内の育毛剤より少し濃度の高い「7%」のミノキシジルを使用したfr07は、使用感の良さに定評があるローションタイプ(スプレー)の育毛剤です。

高濃度タイプのフォリックスは、効果が期待される一方で「白く残る」「バリバリする」「くしが通らない」といった、使用感に対するマイナスの声もあります。

fr07は出勤前(出かける前)「朝に使用しても快適に使える」と満足されている方が多く、使用感を優先したい!という方にも選ばれています。

また就寝前(夜)は高濃度のタイプを使用して、朝は「FR07」と使い分けている方もいます。ちなみに同じローションタイプの「FR15」と併用される方が多いようです。

 

ミノキシジル7%の育毛剤は国内では販売されないモデルになるため、使ってみたいという人も多いようですね。

ただし、2%、5%、から、7%濃度のミノキシジルを使用すると、人によっては初期脱毛も実感しやすくなる傾向にあるみたいです。

 

fr07は育毛サポート成分も、フォリックスシリーズの中で2番目に多い「16種類」使用しているので、国内で販売される育毛剤の「パワーアップ版」のようなイメージになるかと思います。

 

》FR07の口コミ(500件)を読んでみる

 

FR05:リーズナブルで扱いやすい「スタート」に最適な標準濃度

男性用商品の中では最も低い濃度で、初めての方でも安心して使いやすいのが、フォリックス「FR05」です。

痒み刺激が少なく初めてでも使いやすいフォリックスFR05

フォリックスの中で「5%」は低い部類になりますが、発毛効果はしっかり認められているので、その点は心配いりません。

国内でも認められる濃度(5%)のため、身近に感じている方も多く、頭皮への「痒み」や「ダメージ(刺激)」が心配な方でも、問題なく使用できるという点が「肌が敏感な方」には、嬉しいポイントですよね。

海外のミノキシジル商品(外用薬)を「初めて使用する方」や、以前に高濃度の商品を使ってみたけど「痒みなどのトラブルが起きてしまった」という方が、FR05を選んでいるみたいです。

また、国内の商品と比べて「リーズナブル」な点も「続けやすい」と高評価につながっています。

 

国内商品との比較(参考価格)

リアップX5プラス 7,048円
スカルプDメディカルミノキ5 7,800円
フォリックス FR05 3,575円(1本あたり)

※上記商品のミノキシジルの濃度は全て5%です。1本あたりの価格

 

》FR05の口コミ(500件)を読んでみる

 

フォリックスFR05
【フォリックス】fr05の使い方を紹介。手軽な価格で続けやすい!

アメリカ製育毛剤「フォリックス(follics)」は、ミノキシジルを配合した発毛効果に期待できる育毛剤です。 中でも「フォリックスFR05」は、一番ベーシックなタイプで、一般的なミノキシジル「5%」を ...

 

FR02:女性にも最適!フォリックス唯一の「男女兼用」の商品

女性も使えるフォリックス 唯一の「男女兼用」の商品が「FR02」になります。

初期脱毛、副作用の心配がない女性用フォリックスFR02

ミノキシジル「2%」というと、アメリカ製のミノキシジル商品として最も有名な「女性用ロゲイン」と同じ濃度ですね。

低濃度なので、気になる「初期脱毛」や「副作用」といった心配も少なく、安心して使用できる という点で選ばれる方も多いタイプの商品です。

使用感も「におい」や「ベタつき」が少ないため、外出時に周りの反応が気にならない点でも、女性に使いやすい商品になっているかと思います。

FR02は「女性向け」に作られた商品ですが、「頭皮が敏感で高濃度は使えないけど、ミノキシジルを使いたい…」と悩まれていた男性も「問題なく使用できた!」という喜びの声もあります。

 

》FR02の口コミ(500件)を読んでみる

 

女性用フォリックスFR02
女性用フォリックス「fr02」の購入は個人輸入の通販が便利!使い方や口コミも紹介

ミノキシジルを配合したアメリカ製育毛剤フォリックスには、「女性用フォリックスFR02」があります。 fr02は、フォリックスの中でもミノキシジル濃度が「2%」と高すぎないので、女性が気になる「初期脱毛 ...

 

ちなみにFR02は、育毛サプリと合わせて購入される方が多くいます。

 

フォリックスでは、育毛サプリ「ルグゼバイブ」という商品もあり併用される方が多くいます。

国内でも知名度の高い「パントガール」の改良版!とも言われている育毛サプリですね。

ミノキシジル「2%」でも十分「発毛」に期待できるのですが、プラスアルファ「ハリ」や「コシ」といった美しい髪には、豊富な栄養も必要と考えられています。

女性の薄毛の場合、男性と違い原因が多岐にわたり特定するのが難しいと言われているため、いろいろな方向からアプローチした方が改善につながりやすいと考えられています。

ルグゼバイブに含まれる「馬プラセンタ」には、ホルモンバランスを整える(正常化)働きが効果として期待されているので、女性の薄毛改善に役立つと、考えられています。

ルグゼバイブは、医薬品ではなく「サプリメント」になるので「初期脱毛」や「副作用」といった心配をせずに「長く使える商品」としても人気があります。

 

ちなみに、オオサカ堂では「FR02」と「ルグゼバイブ」のセット注文もできるので、併用を考えている方は、少しでもお得に購入しましょう。

それぞれを単品で購入するより…1,750円 も、お得に購入できます。

※海外商品のため価格に変動があります

 

》FR02とルグゼバイブのセット詳細

 

\ 送料無料&成分鑑定書あり /

フォリックスのブランドページはこちら

 

似た種類のフォリックスの違いを紹介

全部で7種類あるフォリックスですが、中には似ている商品も存在します。

そのため「どっちがいいの?」「何が違うの?」と、迷ってしまう方もいるようです。

そこで、「似てはいるけど少し違う」そんな種類のフォリックスを紹介します。

 

ミノキシジル濃度の他に「使用感」や「サポート成分」に違いがあります。

 

フィナステリドを含有してる「FR16」「FR12」は、取り扱いにも注意しないといけないな。

 

フォリックス「fr15」と「fr16」の違い

フォリックスfr16とfr15の違い

fr15 fr16
ミノキシジル濃度 15% 16%
フィナステリドの有無 ×
サポート成分 10種類 6種類
使用感 ローション クリーム
価格 4,940円程 5,180円程

 

とくに「サポート成分」と「使用感」に、大きな違いがあります。

 

サポート成分は以下のように、fr15の方が豊富に使用されています。(どちらにも使用されている育毛成分は除いています)

FR15 FR16
プロシアニジンB2
βシトステロール
ビオチン
リジン
ミリストイルペンタペプチド-17
トコフェロール酢酸エステル
フィナステリド
パンテノール

 

また、使用感は「ローション」と「クリーム」になるので全く違うものになります。

 

とくに、m字、生え際、前頭部に使いやすいのは、液だれの心配がなくDHTを抑制し脱毛を予防するフィナステリドを含有した「fr16」ではないでしょうか。

頭頂部など、広範囲に素早く簡単に塗布したいのであれば、スプレータイプの「fr15」が適していると言えそうです。

 

また効果については、どちらも高濃度ミノキシジルに豊富な育毛成分が使用されているため比較するのは難しいですね。

口コミを参考にしても、どちらも効果を実感している人がたくさんいるのでその点はどちらを選んでも心配ないようです。

 

価格については、fr16の方がフィナステリドを使用しているため若干高くはなっていますが、それほど差があるわけではないのでどちらもそこまで高いとは感じないのではないでしょうか。

 

》FR15の口コミ(500件)を読んでみる

》FR16の口コミ(500件)を読んでみる

 

フォリックス「fr12」と「fr16」の違い

フォリックスfr12とfr16の違い

fr12 fr16
ミノキシジル濃度 12% 16%
フィナステリドの有無
サポート成分 8種類 6種類
使用感 ローション クリーム
価格 5,180円程 5,180円程

 

この2種類は「使用感」以外は、ほぼ同じなので、スプレーかクリームかで使い分けることができます。

 

fr12、fr16はともに、フィナステリドを使用したフォリックスになるのですが、使用感が全く違うので自分が使いやすいタイプを選ぶのが良いかと思います。

とくに、フィナステリドの効果(脱毛抑制)が発揮されやすいと言われているのが、m字、生え際、前頭部なので、液だれの心配がないfr16は相性がいいですね。

ただ、fr12は「使用感が良い!」という声が多くあるので、液だれだけ注意すれば使いやすい方も多くいるかと思います。

中には、朝は「fr12」夜は「fr16」と使い分けている人もいるようです。

 

ミノキシジルの濃度が4%違うのですが、どちらも10%を超える高濃度タイプなので、その点で効果が大きく変わるということはないのではないでしょうか。

どちらか一方だけ、初期脱毛や副作用が多く見られるということもないようです。

 

》FR16の口コミ(500件)を読んでみる

》FR12の口コミ(500件)を読んでみる

 

フォリックス「fr15」と「fr12」の違い

フォリックスfr12とfr15の違い

fr15 fr12
ミノキシジル濃度 15% 12%
フィナステリドの有無 ×
サポート成分 10種類 8種類
使用感 ローション ローション
価格 4,940円程 5,180円程

 

フィナステリドが含有されているか(fr12)されていないか(fr15)が、大きな違いになります。

 

同じ高濃度でローションタイプ(スプレー)のフォリックスなので、多少frt2の方が使用感が良い(バリバリしにくい、ノズルが詰まらないなど)という声は多いものの使い勝手はそこまで大きな違いはありません。

 

とくに、プロペシアなどで「フィナステリド」をとっている方の中には、これ以上フィナステリドの使用量を増やしたくないという方もいます。

そういう方にとってfr12やfr16は余計な成分が入ってしまっているとも言えます。有効成分とはいえ多くとればいいというものでもないので、一理あるかもしれませんね。

 

シンプルに高濃度のミノキシジル育毛剤が使いたいのであれば、fr15一択になります。

 

》FR15の口コミ(500件)を読んでみる

》FR12の口コミ(500件)を読んでみる

 

フォリックス「fr02」と「fr05」の違い

フォリックスfr02とfr05の違い

fr02 fr05
ミノキシジル濃度 2% 5%
フィナステリドの有無 × ×
サポート成分 13種類 13種類
使用感 ローション ローション
価格(1本あたり) 3,125円程 3,575円程

 

ミノキシジル濃度以外は全く同じ作りになっていますが、効果(副作用を含む)に違いがあるようです。

 

メーカー側は「2%」のfr02は「女性用フォリックス」としていますが、頭皮が敏感な男性も使用していることから、「男女兼用」と考えている方が多いですね。

中には、5%ミノキシジルは使えなかったけど、fr02は使えた!という人もいるので、痒みや炎症といったフォリックスに見られる可能性がある副作用が、fr02の方が見られにくいということはあるようです。

 

その一方で、ミノキシジル濃度による発毛効果に違いがある可能性があります。

 

国内の有名メーカーが行った臨床試験によると…ミノキシジル「1%」と「5%」の製剤を比較したところ、5%製剤は1%製剤よりも、総毛髪数および非軟毛数が有意に増えることが確認されたとあります。

2%と5%の比較は行われていませんが、上の結果と同じようになることが予想されます。

 

この結果から男性であれば、痒みなどがひどくfr05が使えなかった…ということでもない限りfr02を使う必要はないかと思います。

ただ女性の場合、薄毛の原因が男性のようにハッキリしないため、メーカー側が勧めるようにfr02を使用するのが無難ですね。

 

》FR02の口コミ(500件)を読んでみる

》FR05の口コミ(500件)を読んでみる

 

「フォリックス」と「ポラリス」の違い

ポラリスシリーズが2017年に販売終了したため、フォリックスに乗り換えた(移行した)という方も多くいます。

※ポラリス(Polaris):アメリカのポラリスリサーチラボラトリーズ社によって 販売されていた「高濃度ミノキシジル配合の発毛剤」2017年に「販売終了」

配合成分や使用感に多少の違いはあるものの大きな違いはないため、以前ポラリスを使っていた方も問題なく使用できているようです。

ポラリス フォリックス ミノキシジル濃度
NR-07 FR05 5%
NR-08 FR07 7%
NR-09 FR15 15%
NR-10 FR16 16%
NR-11 FR12 12%

 

変わったのは、育毛剤に使われる「アルコールの種類」と「名前」です。

 

ポラリスでは「プロピレングリコール(PG)」が使われていましたが、フォリックスでは「プロパンジオール」に変わっています。

どちらも、保湿剤、防腐剤、溶剤、の役割があるのですが、ポラリスに使われていたPGは頭皮トラブル(副作用)が多く確認されるため、変更したと思われます。

  • プロピレングリコールは「石油由来」
  • プロパンジオールは「植物由来」

そのため、刺激が少なく、アレルギーも起こしにくい、とされています。

またポラリスは発売される順番ごとに「NR-07、NR-08…」と名前がつけられ「少しわかりにくい…」という声もありましたが、フォリックスは、製品名の数字がそのまま ミノキシジル濃度を表しているのでとてもわかりやすくなりました。

フォリックスとポラリスの違い
フォリックスとポラリスの違いをまとめて解説!口コミも参考になるよ

オオサカ堂などの個人輸入で注目を集めている『フォリックスFRシリーズ』このフォリックスが発売される以前は『ポラリス 』という育毛剤が人気を集めていました。 このフォリックス(新)と、ポラリス(旧)には ...

 

薄毛の場所ごとにフォリックスの種類を選ぶ

7種類もあれば、薄毛の場所ごとに適しているシリーズもあるはず!

ということで、あくまでも参考程度になりますが、「その場所に適している」という理由もつけて紹介したいと思います。

 

前頭部や生え際は「液だれ」が起こりにくいタイプが適していますよね。

 

手軽に広範囲に塗りたい場合は、スプレータイプが使いやすくていいぞ。

 

「前頭部(前髪)」「生え際」「m字」にはどれがいい?

前頭部、生え際、m字、おすすめのフォリックス

フォリックス最高濃度のミノキシジル16%に、フィナステリドを使用した「fr16」が適している可能性が高いです。

前頭部(前髪)、生え際、m字、といった場所は、ミノキシジルの効果が現れにくいという意見もあるため「高濃度タイプ」を選ばれる方が多いようです。

中でも「fr16」「fr12」は、AGAの原因とされる男性ホルモン(DHT)を抑える作用があるフィナステリドを含有しているため脱毛抑制の効果にも期待できます。

また「液だれ」の心配がないクリームタイプのfr16なら、頭皮にしっかり塗布することができるので効果を最大限に活かすことができます。

 

フィナステリドの「内服」と併用するのであれば、同じ高濃度タイプの「fr15」も人気がありますね。

 

「頭頂部」「つむじ」にはどれがいい?

頭頂部、つむじ、のはげにおすすめのフォリックス

広範囲にまんべんなく塗布することができるスプレー(ローション)タイプで、高濃度の15%ミノキシジルを使用した「fr15」が適している可能性が高いです。

薄毛の中でも比較的、毛髪が残りやすい頭頂部(つむじ)だと、クリームタイプのfr16は毛髪にクリームがついてしまい、頭皮に直接塗布しにくい…ということが考えられます。そのため「fr15」「fr12」といった高濃度のローションタイプが選ばれやすい傾向にあります。

ただし、高濃度ミノキシジルの使用で、かゆみや炎症といった副作用が見られる場合、頭皮のダメージになってしまいよくないので、「fr05」を使用するというのもありかと思います。

またfr05は、個人輸入する際2本までまとめ買いすることができるので価格もおさえられるというメリットもあります。発毛を実感するにもある程度の期間継続することが必要なので、価格が安い!というのは強みです。

fr05よりもミノキシジル濃度が高い「fr07」もありますが、2%の違いで1本あたり「1,000円」近く価格が高くなってしまうため(fr07はまとめ買いができない)長い期間続けることを考えるとfr05の方がおすすめ。

 

【番外編】「女性」はどれがいい?

女性におすすめのフォリックス

女性の場合、女性用フォリックス「fr02」と、フォリックス「ルグゼバイブ(サプリメント)」を併用して使用するのが良いかと思います。

fr02には、発毛促進効果が認められるミノキシジルが2%含有しているので、発毛に関してはそれで問題ないです。

ただ女性の薄毛は原因を探るのがとても難しいと言われているので、色々な角度からアプローチした方が改善する可能性が高いです。

例えば、生活習慣を見直すことやストレスを発散することも効果的と言われていますし、食事で髪(頭皮環境)に多くの栄養を運ぶことも大切ですよね。

ルグゼバイブには「馬プラセンタ」が豊富に含まれていて、髪にとって嬉しい作用が多くあります。またサプリメントなので、副作用なども気にすることなく安心して続けられ、fr02と一緒に使用することで発毛、育毛、にも期待できます。

 

ミノキシジル「5%」の育毛剤を女性が使用するケースもあるようですが、fr05は「男性専用」の商品になっているので使用は控えた方がいいかもしれませんね。

 

フォリックスの「成分」に注目して選ぶ

ここまで全7種類のフォリックスの特徴を紹介してきましたが、種類ごとに様々な「成分」が使用されています。

 

フォリックスの構成

  1. 発毛促進効果が高いとされる「ミノキシジル」
  2. フォリックスの定番「育毛サポート成分」
  3. 話題の「最先端技術」「注目成分」

 

有効成分のミノキシジルを「19種類」の育毛成分がサポートする形でフォリックスは、発毛、育毛を目指していきます。

 

また、フォリックスはシリーズによって構成される「育毛成分」が違い、最も多いもので「18種類」もの育毛成分が使われています。

 

シリーズ サポート成分
FR16 6種類
FR15 10種類
FR12 8種類
FR10 18種類
FR07 16種類
FR05 13種類
FR02 13種類

 

フォリックスの中には外用剤としては珍しいフィナステリドを使用した「fr16」「fr12」があったり、まつ毛育毛剤の有効成分であるビマトプロストを配合した「fr10」などもあります。

 

ミノキシジルの濃度や使用感で選ぶのもいいですが、サポート成分に注目してフォリックスを選ぶのも良いかもしれませんね。

 

フォリックスの成分
フォリックスの成分「19種類」を紹介!育毛効果があるのはどうして?徹底解説

アメリカ製ミノキシジル育毛剤(発毛剤)として大人気「フォリックスFRシリーズ」 今回は、フォリックスに含まれる「有効成分」「育毛成分」に注目して紹介します。 フォリックスは、男女兼用で使用可能なミノキ ...

 

フォリックス7種類の「価格」を比較して選ぶ

海外育毛剤が選ばれる理由のひとつに価格の安さがあります。

フォリックスは、高濃度ミノキシジルに加えサポート成分も多く使用しているため、海外の他メーカーと比べると少し高い金額に設定されています。

ですが、高いものでも「5,000円前後」と国内商品の半額近い値段で購入できるので、継続するのが難しいということはありません。

 

少し価格の高いフォリックスですが、多くの方がリピートされていることからも高い効果を実感してる人が多いことがわかりますね。

 

オオサカ堂の参考価格

商品名 参考価格
FR02(2%) 3,125円
(まとめ買い:1本あたり)
FR05(5%) 3,575円
(まとめ買い:1本あたり)
FR07(7%) 4,480円
FR10(10%) 4,880円
FR12(12%) 5,180円
FR15(15%) 4,940円
FR16(16%) 5,180円

※日により値段が変動する可能性があります
※5%以下の商品は月/2本まで まとめ買いが可能です

 

フォリックスは海外商品のため為替による変動があります。

最新の価格はサイト先で確認してください。

 

》現在の最新価格を確認する

 

フォリックスで人気の高い商品は高濃度シリーズなので、価格よりもミノキシジル濃度やサポート成分を重視して選ばれている方が多いようですね。

 

価格だけを重視するなら「リグロースラボ」という選択肢もある

フォリックスと同じ製薬会社(Sapphire Healthcare LLC:サファイアヘルスケア)が製造、販売を行う商品に「リグロースラボ」というシリーズがあります。

フォリックスをより「シンプル」にしたような商品で、育毛サポート成分を少なくする代わりに価格がおさえられています。

 

ミノキシジル15%

ミノキシジル濃度 参考価格
FR15
(フォリックス)
15% 4,940円
M15
(リグロースラボ)
15% 3,500円

ミノキシジル5%

ミノキシジル濃度 参考価格
FR05
(フォリックス)
5% 3,575円
(1本あたり)
M5
(リグロースラボ)
5% 1,700円
(1本あたり)

 

ミノキシジルはある程度の継続が必要(最低でも3〜6ヶ月)なため、少しでも安い方が助かるという方もいます。

とにかく、シンプルで価格が安い商品を探しているのであれば、リグロースラボを検討してみてもいいかもしれませんね。

 

価格の安いリグロースラボですが、有効成分にはミノキシジルを使用してるので発毛効果はしっかりと認められています。

 

また、外用薬としてはめずらしい「フィナステリド」「デュタステリド」を主成分に使用した商品などもあるので、興味がある方はフォリックスと比べてみてもおもしろいかもしれませんね。

 

》フォリックスの詳細・口コミ

》リグロースラボの詳細・口コミ

 

【追記】

フォリックスとリグロースラボを比較した記事を追加しました。育毛成分、使用感、価格、口コミなど、詳しくまとめたので参考にしてみてくださいね。

フォリックスとリグロースラボの違い
フォリックスとリグロースラボの違いを徹底比較!両方のメリット・デメリットをまとめたよ

アメリカの同じメーカーが販売する「フォリックス」と「リグロースラボ」どんな違いがあるのか、気になっている方も多いのではないでしょうか。 現時点では、フォリックスの方が多くの人に選ばれていますが、リグロ ...

 

フォリックスの購入は「通販(個人輸入)」がお得!

多くの方は高濃度フォリックスの、FR16、FR15、FR12を選ばれているようですね。

フォリックス購入には

  • 「個人輸入で通販する」
  • 「専門のクリニックで購入する」

ふたつの方法があります。

 

フォリックスの購入方法は個人輸入、偽物もあるの?
フォリックス(Follics)の購入方法をご紹介!偽物の心配は無用

アメリカ製育毛剤の中でも評判、人気の高いフォリックス(Follics)FRシリーズ。 「どこで買えるの?」「いくらするの?」「どんな方法で購入出来るの?」 と、気になる方も多いはず! そこで、フォリッ ...

 

多くの方は、値段が安い、自宅で手軽に購入できる、ポイントも貯まる、などの理由から「個人輸入」を利用して入手しています。

通販を利用すると「偽物とか心配…」という方でも、オオサカ堂のようなメーカー純正品のみを取り扱っているサイトを利用すれば、余計な心配をせずに購入できます。

また、クリニックで処方されるフォリックスも個人輸入されたものなので、商品は全く同じものになります。

 

【まとめ】種類の多い「フォリックスFRシリーズ」だが、しっかり選べば薄毛改善に役立つ可能性は高い!

フォリックスの選び方について、かなり詳しく紹介できたかと思います。

フォリックスはアメリカ製の高濃度ミノキシジル育毛剤ということもあって、薄毛に悩む方に「魅力的な点」が多くあります。

またこれだけの育毛成分を使用しても、低価格でおさえられているのは、なかなか国内商品では実現できないのではないでしょうか。

 

最後にフォリックスの種類を簡単におさらいしたいと思います。

 

フォリックスシリーズ(全7種)

商品名(ミノキシジル) 参考価格 特徴
フォリックス FR02(2%) 3,125円 女性や皮膚が敏感な男性にも使用しやすい低刺激に作られた商品
フォリックス FR05(5%) 3,575円 濃度、価格ともに高すぎず、継続しやすい商品、2本までまとめ買い可能
フォリックス FR07(7%) 4,880円 国内では販売されない7%の商品、使用感も高評価
フォリックス FR10(10%) 4,880円 最新の成分を使用した期待の商品
フォリックス FR12(12%) 5,180円 高濃度ミノキシジル×フィナステリド配合でAGA対策に期待される商品
フォリックス FR15(15%) 4,940円 シリーズいちばん人気の商品、プロペシアなどを併用で、さらなる効果に期待
フォリックス FR16(16%) 5,180円 最高濃度であり シリーズ唯一のクリームタイプ、前頭部、M字、に高い効果が期待される商品

 

オオサカ堂はレビューもたくさんあるので参考になります。

 

商品管理やサポートもしっかりしてるから、安心だぞ。

 

\ 世界が認める発毛効果 /

フォリックスのブランドページはこちら

 

なお、ミノキシジルは高い発毛効果に期待される成分のひとつですが、その効果を実感するまでの目安として、早い方で「3ヶ月」平均では「4〜6ヶ月程度」の継続が必要とされています。

また、フォリックスをやめたらそこで効果も実感できなくなるため、購入前にどこで折り合いをつけるか「使用後」のことも考えておくべきかもしれませんね。

 

フォリックスの効果を最大限に活かすためには、しっかりとした「使い方」も大事になるので合わせてチェックしてみてくださね。

 

フォリックスの使い方
【正しいフォリックスの使い方】知らないと効果も半減!?簡単だから初めてでも大丈夫

アメリカ製ミノキシジル育毛剤『フォリックス(folics)』の「使い方」について紹介します。 フォリックスを初めて使う方や購入を考えている方は「使い方は難しくないの?」「1本でどれくらい持つの?」など ...

-フォリックス
-, , ,

Copyright© キヨミル(仮) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.