女性用商品・サプリメント

パントガールはやめたら効果がなくなるの?育毛サプリの効果を徹底解説!

パントガールはやめたら効果がなくなる?!

女性の薄毛改善の定番となる『パントガール』クリニックで勧められる機会もあり、海外商品とはいえ高い知名度があります。

そんなパントガールですが、製薬会社が製造販売していることから『お薬』だと思っている人も多いみたいですね。

 

パントガールはお薬ではなく、育毛サプリメントになります。

 

つまり、薄毛改善(主にびまん性脱毛症)の効果に期待されてはいますが、お薬のように効果がハッキリと認められているわけではありません。

 

今回はそんな『パントガールの効果』について、徹底的に紹介したいと思います。

 

ちなみに女性の薄毛の原因は、男性のように特定することが難しいと言われているため、改善方法の選択肢も限られています。

なので、多くの人はパントガールのような育毛サプリメントで、髪に栄養を届けつつ薄毛の改善を目指しています。

サプリメントは「効果がない!」という人もいますが、実際にパントガールを飲んでいる人の多くは、何かしらの変化を感じていたり、ストレスの軽減に繋がっていたりして、喜びの声が口コミには多くあります。

また「パントガールをやめたら効果もなくなるの?」という心配についても、合わせて紹介したいと思います。

育毛サプリメントの効果について気になっていた方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ちなみに、パントガールの効果はそこまで大きな影響を与えるものではないとされているので、やめてすぐに脱毛が再開するということは考えにくいとされています。

 

 

 

そもそも、パントガールに効果はあるの?

パントガール(Pantogar)は、カプセルタイプの『飲む育毛剤』とも言われていて、ドイツの大手製薬会社「メルツ(Merz)社」が開発した育毛サプリメントになります。ヨーロッパを中心に、世界30か国以上で広く使用されていて、海外では定番商品になっています。

パントガールは、主に「びまん性脱毛」や「産後脱毛」など、女性が悩む薄毛の改善に効果が期待できると言われています。

 

パントガールには、以下のような効果が期待されています。

 

パントガールには「栄養不足」や「毛髪構造の損傷」を補うために必要な「発毛必須栄養素」が多く配合されているため、効果的に毛乳頭に届けることで、健康な髪の発育が促進される。

 

パントガールの開発時には『臨床試験』も行われ、多くの薄毛に悩む女性が、効果を実感できた(抜け毛の減少)とされていて、医療関係者の評価も高かったそうです。

 

発毛のサポートや抜け毛の減少に期待されています。

 

海外では試験も行われていて、薄毛が改善したというデータもあり、世界中に愛用者が多いことから「効果を全く実感できないということではない」ですが、あくまでも育毛サプリメントの範囲なので、治療効果(発毛効果)があるということではないようです。

国内でもクリニック(皮膚科)で販売しているところもあり、知名度が高い商品になっていることから、高い効果に期待してしまう人も多いですが、パントガールは医薬品ではないため、専門家の方でも「そこまで期待しない方がいい」という意見が実はあります。

 

サプリメントは、あくまでサポートの役割です。
発毛効果が認められる成分は、ミノキシジルが有名だな。

 

ちなみに「ミノキシジル」や「スピロノラクトン」のように効果が認められる成分は、副作用や初期脱毛といった症状も見られやすいため、サプリメントや育毛剤(化粧品)ではなく「医薬品」という形になります。

逆にパントガールは、医薬成分が含まれていないことから、副作用が少なく、初期脱毛の心配もないことで的安心して続けられると、すごく人気があります。

 

安心して長く使えることが、不安やストレスの軽減につながります。

 

科学的にパントガールの効果は「ほとんど認められない」とされていますが、ドイツで行われた試験では、良い結果も報告されていて、口コミを見ても「効果を実感できた」という人が多くいるので、効果に期待できる商品であることは間違いないようです。

とくに女性の薄毛治療の選択肢は、そもそも多くないので「改善できる可能性があるならとりあえず試してみたい」という人も多いかと思います。

 

もう少し効果について、細かくみていきましょう。

 

「びまん性脱毛症」「FAGA(女性男性型脱毛症)」に対するパントガールの効果

女性の薄毛で最も多い脱毛症と言われているのが「びまん性脱毛症」「FAGA(女性男性型脱毛症)」です。

男性の場合「特定の箇所」に脱毛が見られることが多いですが、女性は頭髪全体が薄くなり、脱毛部分の境界がはっきりしないのが特徴です。

びまん性脱毛症は、更年期前後によく見られ、女性ホルモンの急激な減少が影響しているのではと考えられています。

最近では加齢の他にも、環境の変化、ストレス、過度なダイエット、誤ったヘアケアなど様々な原因から、若い女性でもびまん性脱毛症に悩んでいるというケースが多くなってきています。

加齢により女性ホルモンが減少し、男性ホルモンの影響を受けることで男性型脱毛症の症状が起こることがあるそうです。(FAGA)

 

パントガールの成分は効果があるのでしょうか?

 

パントガールの成分を見てみると「D-パントテン酸カルシウム」「ビタミンB1」が使用されていて、これらの成分は、ストレスを軽減する効果に期待できると言われています。他の成分も、髪の成長に必要な栄養が豊富に含まれているため、発毛のサポートや育毛に役立つと考えられています。

ただし、パントガールに使用されている成分には「ホルモンバランス」に影響するような働きはなさそうですね。なので、男性ホルモンの影響がより大きく関係するFAGAの改善は難しいと言えるかもしれません。

たとえば、男性ホルモンを抑える成分には「スピロノラクトン」などがあり、FAGAによる脱毛を防ぐ効果があると考えられています。アメリカの育毛剤で有名な『リグロースラボ』には、外用としてスピロノラクトン(2%)を使用した女性用の商品(SP2)もあります。

クリニックでは、内服タイプの処方をしてくれるところもあります。また、年齢によっては低用量ピルで脱毛を抑制する場合もあるそうです。(詳しくは専門の医師に相談ください)

 

実は『プラセンタ』にも、女性の髪に嬉しい働きがあります。

 

プラセンタには…

  1. 育毛を阻害する「男性ホルモン」の過剰分泌を抑える働き
  2. 新陳代謝を促進し「毛母細胞の代謝」をよくする働き
  3. 毛細血管の「血行を良くする」働き(作用)
  4. ホルモンバランスを整える働き

 

このような働きがあるため、びまん性脱毛症やFAGAの改善にも役立つのではと考えられています。プラセンタも補助的な効果とされていますが、脱毛の予防、髪の艶、お肌の若返り、更年期障害や疲れの改善など、髪の毛以外にも様々な効果が期待できるため、積極的にとりたい成分の1つとも言われています。

とくに、パントガールの改良版とも言われる『フォリックスルグゼバイブ』は、パントガールと全く同じ成分内容量に「馬プラセンタ」「コロストラム」が追加された育毛サプリ、チェックしておいて損はない商品です。

》ルグゼバイブの詳細・口コミはこちら

 

「円形脱毛症」に対するパントガールの効果

脱毛症には、加齢などによる生理的な「壮年性脱毛」の他に「円形脱毛症」などの病的脱毛があります。

円形脱毛症の解説を簡単にすると「円形」や「楕円形(だえん)」の脱毛が突然生じる疾患のことを指しています。一般的なイメージでは「10円玉くらいの脱毛」を想像する人が多いですが、頭部全体に広がるもの、眉毛、まつ毛、体毛などに及ぶ重度のものまであり、その症状はさまざまとされています。

円形脱毛は「ストレス説」「栄養障害説」などいろいろ考えられていますが、これもまた原因不明とされていて、根治に至る治療法はまだ確立されていないそうです。

ただし、円形脱毛症はたいていの場合、数ヶ月~半年程度で自然治癒する可能性が高いと言われています。

 

約80%の人が1年以内に治癒すると言われています。
ただ『再発』があるから多くの人を悩ませているんだ。

 

このように、約80%の人が1年以内に自然と治ると言われてることも考慮すると、初期脱毛もなく、副作用が少ないパントガールのような「育毛サプリメント」で、様子を見ながら改善を待つのは良いかもしれませんね。

ただし円形脱毛症の場合、原因となっていること(たとえば職場のストレスなど)を解決しない限り、再発の可能性が高いので、優先すべきは「原因を見つける」ということを忘れないようにしましょう。

 

分娩後脱毛症(産後の薄毛)に対するパントガールの効果(※授乳中の方への注意点あり)

女性の脱毛症は、原因の特定が難しいとされていますが、出産の2~3ヶ月後いちどに大量の髪が抜けるという「分娩後脱毛症」という原因がはっきりしているものもあります。

新しい家族の誕生に喜び「これから!」という時に、ブラシに引っかかって抜ける髪の量があまりにも多くて、ショックを受けてしまうお母さんも多いようです。

この分娩後脱毛症の主な原因も、女性ホルモンの変化にあるとされています。

女性ホルモンには「エストロゲン(卵胞ホルモン)」「プロゲステロン(黄体ホルモン)」があるのですが、出産を終えると2つのホルモンの分泌量が減りバランスが崩れ、その変化により頭髪が抜けやすくなると言われています。

 

原因がハッキリしていることから治すことが可能とされています。

 

お薬などを使用して「すぐに治す!」ということは難しいのですが、出産後半年から1年ほど授乳を終えるころには、頭髪の「質」「量」ともに、自然な状態(元の状態)に戻っていくとされています。この「回復期間」にパントガールは、栄養を送るサポートに役立つ可能性があります。

 

注意!

パントガールは少ないですが、副作用の報告がいくつかあります。また、商品(パントガール)の注意事項にも「妊娠中・妊娠の可能性のある方・授乳中の方は、本品を摂取する前に必ず医師にご相談ください」と書かれていますので、当てはまる方は、いちどクリニックに足を運び、医師に相談してください。

 

「白髪」に対するパントガールの効果

白髪の原因は大きく分けて、加齢、遺伝的要因、精神的ストレス、と考えられています。パントガールには、ストレスの緩和にも効果があるとされる成分や、髪の生成に必要とされる成分が含まれているため、ある程度の効果には期待できるかもしれません。

とくにビタミンB群を補助する「パラアミノ安息香酸」は他成分との相性も良く、白髪を黒髪に戻す効果があるとも言われる成分になります。また白髪の予防には、ビタミンB2、ビオチン、パントテン酸(B5)などの「ビタミンB群」が有効に働くとされています。

※パラアミノ安息香酸:ビタミンB群の仲間で、葉酸(ようさん)をつくる構成成分。パントテン酸の吸収を高める働きがある他、紫外線から髪や皮膚を守り、シワなど肌の老化にも有効とされています

 

どこまでの改善が見られるのかという点では未知数ですが、育毛しながら白髪も目立たなくなってくれたら嬉しいですよね。実際にパントガールを使われてる方のレビューを見ると「白髪にもすごく効果があります」「白髪が減りました」「白髪も減ったように感じます」といった声も多くありました。

 

「割れやすくなった爪」に対するパントガールの効果

実はパントガールには、育毛以外に「爪が丈夫になる」といった効果も見られやすいようです。

パントガールには、コラーゲンの生成を助ける成分が多く配合されているため、髪の土台となる頭皮を健康に保つ効果はもちろん、爪、髪、肌などは、主に「ケラチン」という「たんぱく質」から構成されているため、パントガールに含まれる成分が役立つことがあります。

 

栄養不足で割れやすくなった爪の改善にも効果が期待できます。

 

参考の口コミ

  • もろかった爪が丈夫になった。
  • 肌や爪も健康になっていくのを実感。
  • 髪だけでなく、爪まで生き生きしてる感じ。
  • 爪より髪が太く丈夫になって欲しい……。
  • 育毛の効果は実感できなかったけど、爪が少し丈夫になった。
  • 肌や爪にも良いので続けている。

 

パントガールの効果は、いつから実感できるのか?口コミを参考に考えてみる

パントガールには、AGA治療薬のような直接発毛に作用する成分は含まれていませんが「頭皮環境の改善」や「髪の成長」に欠かせない成分が多く含まれているため、育毛や発毛のサポートへの効果が期待されていることがわかりました。

そこで気になるのが、実際に「いつから」効果を実感できるのか、ということだと思います。もちろんサプリメントなので、ある程度の期間がかかることは覚悟できていると思いますが、口コミを参考に見てみましょう。

 

ちなみにメーカー側は、最低でも3〜6ヶ月間の継続を推奨しています。

 

参考の口コミ

  • 飲んで2週間ほどで爪が硬く厚くなり、2ヶ月過ぎた頃から新毛を感じ、それからどんどん回復。服用して3ヶ月、クリニックのカウンセリングに行き地肌をスコープで確認、治療の必要が無いと言われた。半年経ち、抜け毛は全く気にならなくなった。
  • やっぱり皆さんの言う通り、3ヶ月は必ず飲まないと結果は出ない。
  • 飲み始めて3ヶ月経った頃には、地肌の透け感があまり気にならなくなった。あまり期待してなかったけど、ほんと飲んで良かった。
  • 飲み始めて2ヶ月、髪は増えていないけどハリが出た気がする。

 

》パントガールの口コミを読んでみる

 

効果を実感したという口コミは他にもたくさんあったのですが、多くの人が3ヶ月ほどで、何か変化を感じています。

もちろん口コミの中には「3箱購入して使い切ったけど特に変化がみられなかった」「6ヶ月間、1日も忘れる事なく毎日飲んだのに、何の変化もなかった」「飲み続けていると効果が薄れてきた」という内容もありましたが、クリニックでも勧められるだけあって高評価が多いようですね。

 

パントガールをやめたら、効果はなくなるの?

パントガールを飲み、何かしらの変化を実感できたとしても「やめたら効果がなくなってしまうの」であれば、いつまで飲み続ければいいのか不安になってしまいますよね。

パントガールは主に、髪(毛乳頭)に栄養を届け健康な髪の発育が促進されるとされています。つまり、栄養を届けているだけなので、良い意味でも悪い意味でも、そこまで大きな影響は与えていません。

ミノキシジルのように直接発毛に作用する成分では、やめると発毛にも影響が出てしまうケースも多いのですが、パントガールは見られる変化も緩やかですが、やめた時の変化も大きくないと考えられています。

 

とくに女性の場合、生活環境なども大きな原因とされています。

 

なので、パントガールを使用しているうちに「環境の変化」があり、ホルモンバランスが正常化されたなどで、パントガールをやめても自然と改善されていくというケースも考えられます。

逆に、細く元気がなくなってしまっていた髪に効果的に栄養が届けられ、1本1本が太く育毛しボリュームアップにつながっていたとしたら、パントガールをやめることでまた栄養不足になってしまい、毛が細くなりボリュームダウンしてしまうという可能性も考えられます。

どちらにしても、急激に脱毛が増えるといった大きな変化はありませんが、状況によってパントガールをやめるタイミングは変わってきます。ちなみに口コミでは「やめるのが不安だから飲み続けている」という人も多いようですね。

 

パントガールに「発毛効果なし」は本当?

育毛サプリメントであるパントガールには発毛促進効果はありません。口コミでは「髪が生えてきた!」「量が増えた!」という内容もありましたが、パントガールは、育毛をサポートする成分だけで構成された商品になります。

 

発毛効果が認められる医薬成分は使われていません。

 

パントガールには「頭皮環境の改善」や「髪の成長」に欠かせない成分が多く含まれているため育毛効果に期待はできますが『髪が生える』と言えるものは、医薬成分に指定されているものだけになります。

なので口コミで「髪が生えた!」と書いている人のほとんどは、パントガール以外にミノキシジルを使用した育毛剤を併用していた可能性が高いと考えられます。

 

パントガールは「ミノキシジル」と併用するのが効果的!

サプリメントであるパントガールには、発毛を促すほどの強力な効果は期待できないため、発毛効果が認められている「ミノキシジル」を併用することで、高い効果に期待できるとされています。

たとえば、国内では大正製薬の「リアップジェンヌ」が有名です。リアップジェンヌは薬局(ドラッグストア)でも購入でき、ミノキシジルも1%含有されているため、手軽に購入、使用できる点が人気です。ただ「あまり効果が実感できなかった…」という声もあります。

そこでもう少しミノキシジル濃度の高い商品を検討するのであれば、ミノキシジル2%を含有する海外商品の女性用フォリックスFR02も人気があります。ただし、こちらは市販がないので、通販(個人輸入)を利用して購入することになります。

 

パントガールを通販(個人輸入)で購入するのであれば一緒に注文できます。

 

パントガール の購入は通販の個人輸入がお得でおすすめ
パントガールを販売しているのは?「どこで買えるの?」の疑問を解決!

女性の薄毛治療として有名な「パントガール」皮膚科で勧められたり、クリニックでも処方されると聞き、気になっている方も多いのではないでしょうか? 国内を含め「世界30か国」で、副作用もなく安心して使用でき ...

 

他にも、内服タイプのミノキシジル(通称ミノタブ)もありますが、体毛への影響や副作用が考えられるため、検討する場合は専門の医師に相談するようにしましょう。

 

外用剤としての「ミノキシジル」は、女性にも推奨されているぞ。

 

パントガールの「インターナショナル版」「オーストリア版」で、効果に違いはあるの?

パントガールには、スイス製造の「インターナショナル版」オーストリア製造の「オーストリア版」の2種類があります。

オーストリア版のパントガールは、ドイツの市場に向けた商品で、すごくシンプルな構成で作られているのに対し、インターナショナル版のパントガールは、使われる成分の種類が多く、様々な原因に対しバランスよく対応できるように作られ、世界中でシェアされています。

 

クリニックで販売されているパントガールのほとんどは、インターナショナル版になります。

 

どちらのタイプが良いかは、求めるものや相性もあると思うので人によって様々ですが、どちらも使用している方の口コミを参考にすると「とくに効果に差は感じない」という意見が多くありました。

ただ、クリニックで紹介している『インターナショナル版』の方が、口コミを見る限り人気があるように感じます。なので特に強いこだわりがなければ、世界中でシェアされているインターナショナル版でいいのではないでしょうか。

 

ちなみに、効果よりもカプセルの見た目で意見が分かれています。

 

インターナショナル版の「緑と白」のカプセルよりも、優しい色合いの「白とクリーム」のカプセルのオーストリア版の方が「外で飲む時も気にならない」「見た目的に飲みやすい」と言った声があります。価格や効果に大きな違いはないようですが「見た目が気になる」という方は、オーストリア版の方がいいかもしれませんね。

両方の口コミを参考にして、比べてみてるのも良いかと思います。

 

》インターナショナル版の詳細・口コミ

》オーストリア版の詳細・口コミ

 

早見表

インターナショナル版 オーストリア版
参考価格(90錠) 6,462円 6,378円
参考価格(150錠) 8,752円 8,819円
参考価格(300錠) 15,713円 16,586円
形状(色合い) 緑×白 クリーム×白
成分(1粒あたり) ビタミンB1 60mg,D-パントテン酸カルシウム60 mg、薬用酵母(Vigar-yeast)100mg、L-シスチン20mg、ケラチン20 mg、パラアミノ安息香酸20mg、E132色素 (インジゴチン) D-パントテン酸カルシウム 60mg、L-シスチン 220mg

 

男性でもパントガールの効果は実感できる?

男性がパントガールを服用しても問題はないようですが、パントガールは主に「女性のびまん性脱毛症」に焦点があてられ開発された商品のため、あまり男性には勧められていないみたいです。メーカーが行った試験でも、女性のみを対象としていることから、男性への効果のほどは不明とのことです。

特に男性型脱毛症(AGA)の原因はハッキリしているため、それに対する商品も多くあります。なので、よほどの理由がない限りパントガールを使用することはないのではないでしょうか。

 

AGAに有効とされている商品を使用した方が効果的だぞ。

 

たとえば「プロペシア(フィナステリド)」「ザガーロ(デュタステリド)」など、女性が使用することのできない商品でも、男性の使用であれば効果も高い上に副作用のリスクも少ないと言われているため、専門家の間でも安全で使いやすい商品という位置づけになるそうです。

中にはサポートとして使用されている方もいるようですが、ほとんどの場合、男性がパントガールを使用して期待していた効果が得られることはないのではないでしょうか。

 

パントガールの「副作用」について

効果と合わせて気になる「副作用」ですが、これまでにパントガールの利用者から重篤な副作用の報告はないそうです。そのため、クリニックでも安心して継続的に服用することができる商品という位置付けになっているそうです。

サプリメントなので、ほとんどの方に副作用の症状は見られないようですが、一部では以下のような副作用の報告があるようなので確認しておきましょう。

 

パントガールの副作用

胸のむかつき・ガス溜まり・腹痛・下痢・めまい・頭痛・嘔吐・動悸・紅斑

稀なケース

イントレランス リアクション(intolerance reactions)・発汗・頻脈・心拍の加速・発疹・かゆみ・蕁麻疹・胃腸の胸やけ など

 

こうして全てあげると多く感じますが、一般に成分に対する過敏症がなければ、副作用の心配はないとされています。また報告のある副作用はいずれも「軽度」なようです。

パントガールの主成分となる、パントテン酸、水溶性のビタミンBの、摂りすぎによる過剰症状はないとされているため、副作用が現れるのは稀なようです。

 

》パントガールの副作用を確認する

 

パントガールを飲んでも「体毛」が濃くなることはない

パントガールには育毛成分が含まれていますが、体毛には影響を与えないので、ムダ毛が濃くなるといった心配はありません。

おそらく、パントガールで体毛が増えるといった情報は、発毛を促進する効果を持つミノキシジルを併用してる人の情報と混ざってしまったのだと思います。

 

ミノキシジルでも育毛剤なら使用しても体毛は濃くならないぞ。

 

内服タイプの「ミノキシジル(タブレット)」は、副作用に多毛症という全身の毛が濃くなる症状が見られるため、体毛も一緒に濃くなるケースがあります。育毛剤のように局所的ではなく全身に作用しやすいためです。

ミノタブを服用している人の口コミを読むと「手の甲に毛が生えてきた」「指に毛が生えた」「おでこにまで産毛がビッシリ生えた」という声があります。

パントガール単体では、副作用に多毛症の報告はないので、基本的には体毛が濃くなるといった心配はありません。

 

体毛が濃くなったと感じたのは、ホルモンが関係している可能性があります。

 

実はパントガールは関係なく、薄毛の症状が見られるということは、女性ホルモンの分泌が低下し、男性ホルモンが優位になっている可能性が高いので、それがカラダに影響して体毛が濃くなっているということも考えられるかもしれませんね。

 

【まとめ】パントガールの効果は穏やかで、安心してゆっくりと薄毛の改善ができる

1日に200本近くの脱毛が見られると、とても不安になり焦ってしまいがちです。ですが、まずは原因を見つけることから始めてみましょう。

たとえば、ストレスや過度なダイエットでの栄養不足が原因で、ホルモンバランスが崩れている場合、規則正しい生活に戻さない限りパントガールを飲んでも変化は見られにくいと思います。

パントガールだけでは『発毛』に期待できないので、ミノキシジルを使用した育毛剤を併用するのが効果的です。女性用の育毛剤であれば、初期脱毛や頭皮トラブルも比較的みられにくく、安心して使用できます。

また、パントガールの成分に、馬プラセンタとコロストラムを追加した『ルグゼバイブ』という新しく販売された育毛サプリメントもあるので、知らなかった方はぜひチェックしてみてくださいね。

》ルグゼバイブの詳細・口コミはこちら

》パントガールの詳細・口コミはこちら

 

-女性用商品・サプリメント
-,

Copyright© キヨミル(仮) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.